システムトレードブログ

仕掛け禁止銘柄設定について

トレシズイザナミの使い方

時々ユーザー様から、

「トレシズさんは仕掛け禁止銘柄設定は使いますか?」

というご質問をいただく場合があります。

個人的には、

…結構使います(ぇ

ただ、

「この銘柄は避けたいな」

といったニュアンスで使うのではなく、

どちらかといいますと、

・空売れなかった銘柄を除外するのに使う
・約定しなかった銘柄を除外するのに使う

といった場合が多いかもしれませんね。

要するに、

過去取引を除外&記録するために使う、

というニュアンスです。

たとえば逆指値の買い戦略の場合、

場中のニュースで噴き上げた場合などには、

ニュースが出た途端にストップ高張り付き気配になってしまうことも、

稀にあります。

比較的レアケースではあるのですが、

こういったほぼ約定しないケースもありますので、

仕掛け禁止銘柄設定に登録しておくと、

後で確認することもできるため便利、

とは思っていたりしますね〜。

あとは、

バックテスト検証をよくされる方にとっては恒例(?)の、

ライブドアマーケティングを除外する目的でも使っていたりします苦笑

仕掛け禁止銘柄はどんどん増えていくものですので、

最適分散投資ファイルは結構更新頻度が高いかもしれませんね。

ただ、

ロットを変えるといった目的ではなく、

あくまで過去取引を除外&記録する目的で更新していたりしますね。

…なお、もちろんですが販売戦略では、

基本買い戦略におけるライブドアマーケティング以外は除外しません笑

トレシズの「イザナミの使い方」の記事

前々記事:検証にかかる時間を短縮する
前の記事:単月検証や四半期検証も行うクセをつけるのがおすすめです。
今の記事:仕掛け禁止銘柄設定について
次の記事:検証期間による余力管理方法の差
次々記事:ペイオフレシオもある程度は重視?

おすすめ記事

単利単月検証の重要性

一般的には、戦略を開発する際などには「単利通年」で検証する場合が多いかもしれま…

待機パレットの活用

「どうも仕掛けのタイミングがワンテンポ早いなぁ」と感じたら、待機パレットの活用…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る