システムトレードブログ

過剰最適化の可能性とDDの大きさは反比例関係にある?

トレシズドローダウン対策

DDが大きいと感じる戦略の場合、

やはりといいますか、

「1銘柄投入額と、1日の投入額を減らす」

という対策が有効だと思っていたりしますね〜。

この2つは結構即効性がある要素で、

またあくまで個人的な考えですと、

「過剰最適化に該当する可能性が低い要素」

だと考えていたりします。

実際のところ、

・仕掛け条件が少なければ少ないほど、過剰最適化に該当する可能性は低くなるもののDDが大きくなる

といった感じで、

過剰最適化の可能性とDDの大きさは反比例関係にある、

と思っているほどです苦笑

ただ、

DDの大きさというのはある程度は事前に制御できる要素のため、

このあたりは事前に、

過去の日次損益などをチェックしまして、

DDが大きすぎるようなら初めから1銘柄投入額と1日の投入額を落とした方がいい、

と思っていたりしますね。

あくまで個人的なスタイルですと、

・時間軸が長い戦略ほどロット小さめ
・DDが大きい戦略ほどロット小さめ

といったイメージで調整する場合が多く、

逆にデイトレードなど時間軸が短い戦略の場合、

結構ロットを大きくする場合が多いかもしれません。

トレシズの「ドローダウン対策」の記事

前々記事:守りの設定
前の記事:2008年のDDに対応するには?
今の記事:過剰最適化の可能性とDDの大きさは反比例関係にある?
次の記事:東証一部銘柄と新興銘柄
次々記事:DDの大きさはそこまでは気にしないほうがいい?

おすすめ記事

日々の損益を穏やかにする

シストレ初心者の方におすすめする1つが、「日々の損益を穏やかにすること」だったり…

下落トレンドにおけるDDを抑えるにはジャスダックインデックスが有効?

「下落トレンドやよく分からない相場ではなるべく買いシグナルを出したくない」こう…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る