システムトレードブログ

ロットを落とした上で、学んでいく時期

トレシズ運用方法

シストレの勝ち方の1つに、

(A)普通のトレンドでは小さく攻める
(B)上昇トレンドでは大きく攻める

というスタイルもある、

と思っていたりしますね。

これはなぜかといいますと、

やはり、

…株は上昇トレンドが最も勝ちやすいからです苦笑

新興銘柄でストップ高銘柄が多く出現し、

儲かってたまらない、

というのが2013年〜2014年のような上昇相場ですね。

逆に、

上昇トレンド以外は、

初心者には結構難しいというのが実情ではないか?

と思っていたりします。

そのため、

初心者には難しい時期は、

たとえばですが投入資金を半分にするなど、

「小さく攻める」

というのも一案ではないか?

と思っていたりします汗

実際上昇トレンド時期というものは少ないもので、

それを待っているだけでも効率が悪いとは思います。

むしろ、

ここ最近では仮想通貨が盛り上がりを見せましたが、

アンテナを広げますと、

上昇トレンドの何かしらはある、

というイメージかもしれませんね〜。

株シストレでいいますと、

2018年以降は簡単ではないですが、

ただ逆に、

こういう相場が多い株で、この時期に勝てるようになりますと、

「長期的に生き残りやすくなる」

とは思ったりしますね。

簡単な時期ではないからこそ、

「ロットを落とした上で、学んでいく時期」

という感じなのかもしれません。

トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:資産変動リスクを受け入れることが重要
前の記事:短期シストレ+長期シストレ+原資抜きへのフロー
今の記事:ロットを落とした上で、学んでいく時期
次の記事:シストレで勝てない方におすすめする戦略は?
次々記事:「待ち」というテクニックを使うのが有効

おすすめ記事

システム運用を停止するタイミングについて

今日はお問い合わせをいただきましたので、「ドローダウンが大きくなったときに、ど…

指値戦略で、始値=ストップ安銘柄への仕掛けを避けるには?

終日指値戦略でありがちなのが、「仕掛け注文を取り消し忘れてしまい、終日ストップ…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る