システムトレードブログ

個人的に行っている珍しい作業

トレシズ運用方法

おそらく普通はあまり行わない作業だと思うのですが、

私自身が日々行っている珍しいものとしましては、

「その日時点での、各戦略の信頼度%を記録する」

という作業を行っていたりします。

かなり信頼している戦略の場合には100%、

フォワードテスト開始直後のものは10%、

といった感じですね〜。

この作業は毎日はさすがに行っていないものの、

最低毎月は集計し、

Excelに記録している感じです。



「この信頼度は、何の役に立つのか?」

という観点ですと、

要するに、

「自分のその戦略に対する感情を、一目で過去に遡って振り返ることができる」

という点ですね苦笑

たとえばですが、

100%→90%→70%→90%

といった推移であれば、

一時期信頼を失いかけた時期もあったが、

とあるきっかけを期に信頼を取り戻した、

と読み取ることができるわけです。

時期さえ分かれば、

どういうきっかけだったかを思い出すことができる感じですね。

あとはもちろん、

信頼度はその戦略の投入額などにも影響してきます。

この数字が低迷している時期が長いようであれば、

やはりカスタマイズ時期が近いかな、

と思いますね。

逆に、100%近いものは、

…個人的にはまったくいじりません苦笑



たとえばですが、

一時期壮絶なDDがあったとしまして、

その戦略への信頼が揺らいだとします。

でも過去に、

100%→50%→100%

といった推移があったことを確認できれば、

「過去に信頼を取り戻す動きがあった」

と読み取れますので、

たった一度のDDぐらいではその戦略への信頼は揺らぎにくくなります。

こういった感じで、

過去を振り返る目的で便利なので、

続けている作業だったりしますね〜。



ちなみに、

上記作業は主に個人用戦略に対して行っていますが、

トレシズ戦略で言いますと、

スイングキュル3LUとゴッドブレス2は100%です。

これはフォワードが長い点が大きいかもしれませんね。

多少タイミングのずれがある場合はあるものの、

あくまで個人的な、ロジックの根幹への信頼は揺るぎないレベルに到達していたりします汗

トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:シストレは地道な作業の積み重ね?
前の記事:日々Excelにて行う作業
今の記事:個人的に行っている珍しい作業
次の記事:総資金の大きさと銘柄分散数
次々記事:私自身が戦略を運用する際に見落とせない要素

おすすめ記事

日々のおすすめ作業

たとえばですが、・順張り買い・順張り売り・逆張り買い・逆張り売りなど、いろいろ…

相場をざっくりと分けると?

相場をざっくりと分けると、2種類の相場がある?よく出てくる、2020年2~3月期のTOPI…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る