システムトレードブログ

さまざまな仕掛け時期

トレシズストラテジーの選び方

仕掛け時期としまして、

0: 反発を確認せずに仕掛ける買い戦略
1: 若干の反発or上げを確認してから仕掛ける買い戦略
2: 十分な反発or上げを確認してから仕掛ける買い戦略

という3つがあったとします。

このうち「0」は、

まさに落ちてくるナイフを掴む系ですね苦笑

最もDDが大きくなりやすいのが「0」だと思いますが、

その分、当たった時は最も利幅が大きいのが「0」と言えるかもしれません。

シグナルが発生した際に、

…仕掛けるのが最も怖いのがこの「0」だと考えます汗

特に、3.11の翌日などにシグナルが出るのがこのタイプの戦略なので、

なかなか向き不向きがあるかもしれませんね。



一方「2」は、

どちらかというと順張り買いに近い形かもしれませんね〜。

1トレードあたりでは極端に大きなDDの割合は減りますが、

ボックスなどではコツコツDDが積み重なるといった動きは増えやすい傾向にあります。



私自身としましては、

この「0〜2」でとれが正しい、とは考えておらず、

実際のところはどれも使います(ぇ

ただあえて言いますと、

・ボックス相場では「0」が主体
・暴落相場でも「0」が主体

という感じで、

「0: 反発を確認せずに仕掛ける買い戦略」

を結構多用しています。

ただ、

・上昇相場では「2: 十分な反発or上げを確認してから仕掛ける買い戦略」が主体

という感じかもしれませんね〜。

といいますのも、

上昇相場では上がっている銘柄が多いため、

こういうタイプの戦略のシグナル数が最も増えるからです。

トレシズの「ストラテジーの選び方」の記事

前々記事:浅い位置でも仕掛けられる戦略の必要性
前の記事:日次損益の、ポジションがない日を埋めていく
今の記事:さまざまな仕掛け時期
次の記事:成行戦略の是非
次々記事:ポジション量を補う戦略

おすすめ記事

パーフェクトレシオ【極】と対応する売り戦略は?

パーフェクトレシオ【極】の売りバージョンは、一応はあり、現在はフォワードテスト…

戦略の絞り込み

シストレで勝てない場合には、あくまで個人的には、一度リセットし、「戦略を絞り込…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る