システムトレードブログ

終日指値の魅力

トレシズ開発方法

終日指値は、

・〇〇円で指値で仕掛け
・〇〇円で指値で手仕舞い

といった感じになりますが、

個人的には結構多用しています。

これはなぜかといいますと、

時々書かせていただいておりますが、

「イザナミの検証結果を超える手法だから」

という理由ですね〜。



たとえば「605円で指値で手仕舞い」とした時に、

始値が580円、

高値が650円だったとしますと、

605円で手仕舞いになった検証結果になりますが、

実際には605円以上で約定している場合もある、

というのがまず非常に大きな点だと思います。

これは要するに、

特買いなどにより、

一気に605円以上の株価にワープした時などですね。

この場合には、

ワープしたティック数分、

イザナミの検証結果を超えてきます笑



ただこういったワープですが、

頻繁に起こる銘柄と、めったに起こらない銘柄があったりします(ぇ

あくまで私自身の体感上ですと、

超低位株や大型株はめったになく、

逆に新興の200円以上の銘柄、

もしくは板が薄い東証二部銘柄などではよく起きるイメージがあります。

終日指値の仕掛けや手仕舞いを使う際には、

こういった「価格帯や売買代金」も考慮に入れるのが吉、

だと思っていたりしますね。



その他、

・買いで安値=指値で約定した場合にはイザナミの検証結果を超えてくる
・逆に、売りで高値=指値で約定した場合にもイザナミの検証結果を超えてくる

といった点も、

もちろん終日指値の魅力だと思っています。

トレシズの「開発方法」の記事

前々記事:検証は、必ずしも2000年から行わなければならないのか?
前の記事:NISA対応のシストレ戦略を考える
今の記事:終日指値の魅力
次の記事:シグナル数を絞るか?増やすか?
次々記事:システムトレード戦略開発時に、マイナスの年がある場合には?

おすすめ記事

戦略開発方法を学ぶシリーズ(12)

今日は戦略開発方法を学ぶシリーズの続編で、「ご自身の証券会社で発注可能な注文方…

長期投資戦略の1つの組み方

個人的にはKABU+を使った長期戦略をいくつか運用しておりますが、分かったこととし…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る