システムトレードブログ

対象銘柄を絞るという作業

トレシズシストレの考え方

あくまで個人的なスタイルですと、

「対象銘柄を絞るという作業」

が結構重要なのではないか?

と思っております。

正確には、

銘柄を取捨選択する、

ということですね〜。

これはもちろん、

裁量ではなく、

イザナミ等で自動的にというお話ですね。



実際のところ、

全市場全銘柄を相手にできるという人は、

…あくまで推測ですがいないのではないか?と思っております苦笑

とはいえ、

日々上がる銘柄は変わるわけで、

自分の対象外の銘柄が上がるのはもどかしいですよね。

私自身はこのあたりをどう考えているかといいますと、



「取れない銘柄はしょうがない」

として考えております汗

そうではなく、

「自分の対象銘柄の場合、必ず取ることを目指す」

という感じかもしれませんね〜。



将来的には取れる銘柄を増やしていくのは必然だとは思うのですが、

序盤は特に、

「ターゲットを絞る」

という行程をとったほうが、

分かりやすいのではないか?

と思っていたりします。

トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:上昇トレンドと、下落トレンドの戦い方の差
前の記事:損切りが必要かどうかは、戦略による?
今の記事:対象銘柄を絞るという作業
次の記事:各戦略のリスクを決める
次々記事:低資金ファイルについて

おすすめ記事

各戦略のリスクを決める

私自身、シストレにおいて結構重要視しておりますのが、「初めに、各戦略のリスクを…

とるべき箇所と、捨てるべき箇所

トレードスパンといいますか、自分自身がどういう期間のトレードを好むかどうか?と…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る