システムトレードブログ

2010年9月8日(水) 運用結果

トレシズ投資手法

昨日は小ロットということもあり新星堂とウルシステムズを買った後株から離れていたのですが、新星堂は上がってウルシステムズは下がって結局意味のないトレードとなってしまいました。
今日からまた仕切りなおしです。

今日はマザーズのアクセルマークに資金の半分を投入するシグナルが出たので、例のごとく機械的に買いで終了です。

とはいえ、明豊エンターに全額でアクセルマークに半額というのは、どういう差別化なのかがものすごく気になります。


最近は順張り戦略の開発に没頭しています。

というのも、今まで検証してきた戦略のほとんどが逆張り戦略ばかりで、だんだん物事を逆からしか見られなくなってきたような気がするかといえば決してそんなことはないのですが、

順張り戦略の開発 → 完成 → フォワードテスト → 失敗 → 開発

という無限ループを繰り返しています。


有名なものですと

60日の高値を越えたら買い → 40日の安値を割り込んだら売り

などがありますが、こういった有名なものはグラフ化してもドローダウンが大きすぎて全く有効性のないものがほとんどです。

順張りの場合は複数の移動平均乖離率+トレイリングストップである程度のレベルまではいくんですが、そこから先が本当に難しいですね。


順張りは精神面で本当にラクなので、是非いいものを開発できたらなって思ってます。



2010年9月8日(水)の売買

ストラテジー: マキシマイザー(試用中)
------------------------------------------
売 7415 新星堂 56円×1,000株(買値51円) +5,000円(先日)
  3798 ウルシステムズ 54,000円×1株(買値57,700円) -3,700円
買 3624 アクセルマーク 69,100円×6株
------------------------------------------
+1,300円
手数料 -300円(アクセルマーク以外)
total +1,000円


運用開始資金: 55万円
通算利益 +136,876円
資金 686,876円

トレシズの「投資手法」の記事

前の記事:少ない資金からのシストレについての考察
今の記事:2010年9月8日(水) 運用結果
次の記事:過去に試した投資手法(1)
次々記事:少ない資金からのシストレについての考察(2)

おすすめ記事

システムトレードにおけるデイトレとスイングの違い

今日は個人的に考える、「システムトレードにおけるデイトレとスイングの違い」につ…

引けで仕掛けるシストレ戦略も有用だと思っています。

引けで仕掛け、翌日寄り付きで手仕舞う手法は一番メジャーなところですとかつてB・N…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る