システムトレードブログ

多元複利運用の途中経過を語ってみます笑

トレシズ複利運用

最近は暖かい日もあれば寒い日もありなんだかよく分からない気候ですね〜汗

皆様も体調管理に是非気をつけてくださいね。

今日は、多元複利運用の途中経過の感想を書かせていただきたいと思います。

現在トレード日記側の成績としましては、

1位 ゴッドブレス2
2位 ヒノカグ【上方ブレイク】
3位 オーバーナイトブレイク
4位 ヒノカグ【上方カウンター】
5位 ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】
6位 ヒノカグ・ショート【リフレクト】
7位 オーバーナイトテスト

という感じになっています。

オーバーナイトテストが最近酷く有効性があるのかないのか微妙な感じですが汗、

±0近辺なのでまだまだ普通に継続予定です。

正直この中ではゴッドブレス2がダブルスコア以上で抜けています苦笑

それはさておき多元複利運用についてですが、

もちろん今までの地合が良かった影響が最も大きいともいえますが、

トレード日記開始以降の1日の最大DDが10万円というレベルに抑えられておりますため、

多元複利運用の長所が出ているのではないかと思っていたりします笑

これはおそらくですが、初期の1銘柄投入額が小さい点が最も大きいと思いますね〜。

多元複利運用の場合、初期では1銘柄に12万ほどしか投入しないため、

1銘柄で負けても多くの場合は3万未満の損失の場合が多いようです。

日々の値動きは抑えられやすい一方、序盤は利益が出ても額が小さいため、もどかしさを感じる時もありますが苦笑

ゴッドブレス2とオーバーナイトテストは同一の資金レベルで始めましたが、

現時点でこの2戦略の成績に相当開きがあり、

今となってはゴッドブレス2の資金がオーバーナイトテストの資金の2倍ほどになっています汗

この成績の良い戦略を伸ばせる点がやはり大きなメリットだと思っておりまして、

最近はゴッドブレス2が成績に占める割合が大きくなったため、

フォワードが今のところ良くないオーバーナイトテストの成績は私自身あまり見ていないというのが自然な流れになっています苦笑

また、フォワードが悪かったとしてもスタート資金が小さいためDDの金額もある程度限られる点が便利ですね〜。

こうして成績の悪い戦略に期待しない流れが自然に出来上がってくるという点が、

多元複利運用を続けているうちに最近気づいた部分です笑

肝心の複利効果ですが、現時点ではほぼ単利と変わらないような感じですね〜。

複利の倍々効果(?)が出てくるのは1戦略あたりの資金がだいぶ増えてからだと思いますので、

序盤では複利効果というのは個人的にまったく感じられない、というのが実情です苦笑

ただこれはこれで収支が安定していることの裏返しでもありますので、

収支が荒くなってきたら複利効果が出つつある、ともとれるのかもしれませんね。

最近思いますのは、私のトレード日記側のように1戦略あたり10数銘柄分散にしますと、

日々の収支が本当に地味になります笑

これは裏を返すと日々の収支が穏やかになっているということでもありますが、

たとえばですがこういった性質を利用して、

「フォワードが悪いため継続しようかどうか迷っている戦略がある場合」
「カスタマイズ前とカスタマイズ後のどちらの戦略を使おうか迷っている場合」

等に、分散数を増やして穏やかな収支になるようにしますと、

結構冷静に戦略のことを分析できるかもしれませんね〜。

たとえば地合がいい時に利益が出ていない場合には焦ってしまいがちですが、

システムトレード初心者の方の場合には、特にこういった心理になることそのものが危険だと思っています。

まずはシステムトレード、戦略についてやリスク管理方法を学び、その上でご自身に合った手法を見つけた上、

本格運用されるぐらいの方が絶対安全だとは思っていますね〜。

「日経平均が400円も上がっているから今日はどんな買い戦略でも勝ってるんではないだろうか?」

と思われがちですが、

システムトレードでは意外とそんなこともないです苦笑

+200円の時に大負けすることもあれば、−200円の時に大勝ちしたりと、本当に意味の分からない動きをします。

そのため本当は地合は関係なく、重要なのはその戦略の特性を理解するところではないかと思っていますね。

トレシズの「複利運用」の記事

前々記事:多元複利運用の途中経過報告です。
前の記事:多元複利運用の途中経過報告です。
今の記事:多元複利運用の途中経過を語ってみます笑
次の記事:複利は円指定と%指定のどちらがいいか?
次々記事:恐るべき複利効果?

おすすめ記事

複数戦略運用時の精神的支柱の続編です。

罠シリーズで単利運用で買いと売りを併用した際のお話を書きましたので、今度は複利…

複数売買ルールで多元複利運用を実現するには?

個人的なオリジナル手法、多元複利運用についての解説です。…正確には、元は知り合い…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る