システムトレードブログ

当日引けの利確も結構大事と考えます。

トレシズ運用方法
時間

当日引けの利確も結構大事?

個人的なスタイルとしましては、

「当日引けの利確も結構大事」

と考えているところがあります。

保有日数が長い戦略のみのポートフォリオでは緻密さが求められる

たとえばシストレ総資金が1000万だったとしまして、

一応DD分の余力200万を設けたとします。

ポートフォリオ全てがスイングや中長期など保有日数が長い戦略の場合、

上記例ですと、

「800万以上のポジション量を持つことは難しい」

という感じになってくるかもしれません。

これは要するに、

保有日数が長いため、余力が解放されないためです苦笑

そのためなんといいますか、

日々のポジション量の緻密な計算が求められる手法、

とは言えるかもしれません。

引け手仕舞い導入により、余力をコントロールする

コントロール

一方、

ポートフォリオの一部にデイトレード、

要するに寄り引けなどの戦略を入れた場合には、

上記例の場合、

800万以上のポジションを持つことも可能、

と考えております(ぇ

といいますのも、

寄り引け戦略分の余力は、

その日のうちに開放されるからですね~。

そのため、

一時的に1000万などのポジションになったとしても、

引けの時点で800万以下のポジション量になっていればOK、

とも考えられます。

こういった感じで、

「引け手仕舞いという手法は、ポジション量のコントロールの際に非常に便利」
「また、資金効率を向上するのにも便利」

といったイメージで考えております。

必ずしも、寄り引け型デイトレード戦略の導入が必要なわけではない?

上記は、必ずしも

「寄り引け型のデイトレード戦略を導入する」

という意味合いだけではなく、

「各戦略に、引け手仕舞いを入れることを検討する」

といった意味合いも含まれている感じですね~。

一例としましては、

・順張り買いの場合、引けの損切りを入れる
・逆張り買いの場合、仕掛け当日の利益幅が大きい場合、引けの利確を入れる

といった手法が考えられるかもしれません。

以下、関連記事です。

フルポジションにできるかどうか?

たとえばシストレ総資金が500万だったと仮定します。この際に、「資金効率」を追いますと、やはり理想は「日々500万のポジションがあること」だと考えます苦笑…

運用方法
こんな記事も読まれています。

買いのポジション量が増えすぎた場合には?

寄指や終日指値戦略等で、「刺さりすぎる」という場合があります。これは特に、複数売買ルールを使わず、戦略個別にシグナルを出している場合でありがちだと思…

運用方法
トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:フルポジションにできるかどうか?
前の記事:戦略運用開始時における保有銘柄の揃え方
今の記事:当日引けの利確も結構大事と考えます。
次の記事:過去戦略の動きを元に、システムトレード戦略対策を考える
次々記事:2021年3月初頭のTOPIXのトレンドライン

おすすめ記事

信用と現物の割合

「信用取引の方が経費が安いから、信用取引100%でいいのかどうか?」という観点です…

シストレの1銘柄投入額

1銘柄投入額というものは、これが正しい!というものはないとは思うのですが、最近の…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る