システムトレードブログ

待つも相場のパワー

トレシズシストレの開発・カスタマイズ
待つも相場のパワー

個人的によく取り入れる考え方の

「待つも相場」

ですが、

具体的にはどういう戦略に取り入れる場合が多いか?

について書かせていただきます。

実際に取り入れるタイプの戦略

シストレ戦略(カスタマイズ前)

たとえばこのような、

新興50日線下で調子が悪い戦略に取り入れる場合が多いですね。

シストレ戦略(カスタマイズ後)

こちらはマザーズ50日線上でのみシグナルを出すようにカスタマイズした事例で、

DDがだいぶ小さくなっているのが分かります。

「バランス型」のポートフォリオの場合

たとえばポートフォリオのバランスで戦う「バランス型」の場合、

「利益発生時期と損失発生時期が異なることが重要」

と考えます。

この4月~5月でDDが大きい場合には、

ポートフォリオ内で損失発生時期が重なっている戦略がある可能性がありますので、

そういった際には下落相場を苦手とする戦略の一部に、

上記待つも相場を取り入れる、

といった対策も1つだと思います。

ただ、全てを待つも相場にすると、なかなかきつくなります苦笑

きついというのは、



シグナルが出なくてきつい、

という意味ですね苦笑

私自身、

今まで待つも相場系ポートフォリオのシストレ年毎勝率は90%ほどで、

待つも相場系はおすすめできる手法だと考えますが、

「低ロットで待たない系戦略も取り入れる」

というのが実際のところはおすすめだったりしますね~。

以下、関連記事です。

DDが大きい場合の対策

突然の押しなどで、予期せぬほどDDが大きくなる場合があります。…個人的にもしょっちゅうありますが苦笑このあたりに対する、個人的な対策を書かせていただきま…

運用方法
こんな記事も読まれています。

リスクオフ設定という考え方もありだと思っています。

今はなかなか押しが強い時期ですが、あくまで個人的な考えですと、「リスクオフ設定」というのもあり、と思っていたりしますね~。リスクオフ設定とは?ひとま…

資金管理方法
トレシズの「シストレの開発・カスタマイズ」の記事

前々記事:1トレードあたりの期待値は何%あると戦えるか?
前の記事:微妙な相場では売買対象を絞るという考え方
今の記事:待つも相場のパワー
次の記事:個人用戦略の採用基準
次々記事:どんな戦略に「待つも相場」を導入するか?

おすすめ記事

時には売買代金制限をかなり小さくした戦略も必要?

シストレ戦略では、「時には売買代金制限をかなり小さくした戦略も必要」と考えてい…

コア戦略を探すための手順

自分が安心して運用を続けることができる、いわば「コア戦略」にたどり着くためには…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る