システムトレードブログ

逆指値戦略の魅力

トレシズ投資手法
逆指値戦略の魅力

スリッページ等、

よくデメリット的な部分が取り沙汰される逆指値戦略ですが、

あくまで個人的には、

「実は結構メリットが多い」

と思っていたりします苦笑(ぇ

逆指値戦略の魅力とは?

(1)暴落相場の回避能力が高い

たとえばブレイク狙い系の逆指値系買い戦略の場合、

相場が下がった場合には約定率がガクンと落ちますので、

暴落相場回避能力はすこぶる高い、

という点が魅力です。

なお、トレード日記側に掲載中の順張り買い戦略は全て逆指値未使用ですが、

やはりといいますか、

…暴落回避能力は低いです苦笑

次は逆指値戦略を導入予定だったりしますね~。

ヒノカグ【ブースター】_202109

こちらはヒノカグ【ブースター】のグラフです。

見た目以上に押しが強かった8月相場を、

ほぼ回避していますね。

ゴッドブレス2_202109

こちらはゴッドブレス2のグラフです。

最高益をうかがうかどうかはまだこれからという感じですが、

弱い時期のDDが比較的抑えられている感じです。

(2)逆指値未使用の順張り買いでは取れない銘柄が取れる

これも結構無視できない点ですね。

(A)逆指値未使用の順張り買い
(B)逆指値使用の順張り買い

の場合、

(A)の方は日々のポジション量が結構多いため、

荒い銘柄には仕掛けにくくなります。

一方(B)は必然的にボラが大きい銘柄を狙う形になる場合が多いので、

取れる銘柄が異なってくる形ですね。

(3)余力確保が容易

逆指値系買い戦略の場合、

2013年のような超上昇トレンドをのぞきましては、

フルポジションになることはめったにないので、

ちょっとした資金の有効活用に便利、

という位置付けかもしれませんね~。

以下、関連記事です。

個人的な順張り買いに対する考え方

私自身の順張り買いに対する考え方は、(1)順張り買いは、上昇トレンド末期に必ず食らう(ぇ↓(2)そのため、どこが天井とは考えず、上昇トレンドが続く限りは…

シストレの考え方
こんな記事も読まれています。

各仕掛け方法の役割

個人的なスタイルですと、「各仕掛け方法の役割を決める」という点を結構重視している感じかもしれませんね〜。私自身はザラ場のリアルタイムの仕掛けも結構取…

シストレの考え方
トレシズの「投資手法」の記事

前々記事:投資の時間軸を分ける
前の記事:どうしてもシステムトレードで勝てないという方におすすめする手法の1つ
今の記事:逆指値戦略の魅力
次の記事:スイングで持ち越すべき地合
次々記事:どうしてもシステムトレードで勝てないという方におすすめする手法の1つ(2)

おすすめ記事

順張り買いの工夫

逆張り買いは常に動かしてもいいが、順張り買いは常に動かす必要はない、というのが…

保有日数が長い戦略の可能性

私自身、だいぶ昔は主に超短期スイングかデイが主体でしたが、最近は保有日数が長い…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る