システムトレードブログ

個人的な順張り買いに対する考え方

トレシズシストレの考え方
順張り買いに対する考え方

私自身の順張り買いに対する考え方は、

(1)順張り買いは、上昇トレンド末期に必ず食らう(ぇ
 ↓
(2)そのため、どこが天井とは考えず、上昇トレンドが続く限りはどんどん張っていく
※ただし、相場の異常暴騰時期だけは除きます苦笑

といった感じかもしれませんね~。

天井は一切読まない、というスタイルです。

システムトレードの順張り買いにおける基本的な動き

順張り買いは、

当然保有銘柄群、

特に単元価格100万以下あたりの銘柄でしょうか、

このあたりが上がる相場では当然利益が出るのですが、

下がる相場ではもちろん、



食らいます苦笑

これは避けられないと思っておりまして、

私自身としましては、

「順張り買いとはそういうもの」

として考えていたりしますね~。

順張り買いの特性の違い

システムトレードの順張り買いにおける特性の違い

同じ順張り買いの中でも、

(A)逆指値を使わないタイプ
(B)逆指値を使うタイプ

とでは特性が異なり、

相場の押しで食らいにくいのは(B)の場合が多い、

とは思っていたりしますね~。

もちろん、(A)の方が相場上昇時のパワーがある場合も多く、

一長一短がある感じです。

そのため個人的なスタイルとしましては、

「(A)と(B)をバランスよく組み合わせる」

というのが好みだったりしますね。

順張り買いの弱点をヘッジするためには、やはり売りや逆張り買いが有用

上昇トレンド末期、

または上昇トレンドの中でも強い押しの際は、

やはり売りや逆張り買いでヘッジするしかない、

と考えます。

そのため重要なのは、

「使っている順張り買いと、利益発生時期や損失発生時期が異なる売りや逆張り買いを使う」

という点だと思っていますね。

たまにはしょうがないですが、

しょっちゅう利益発生時期や損失発生時期が一致する場合には、



やはり売りや逆張り買い側がカスタマイズ対象になります汗

以下、関連記事です。

上昇トレンドとボックスのポートフォリオの差

上昇トレンドとボックスでは、ポートフォリオがどう違うか?今日は、「上昇トレンドとボックスでは、ポートフォリオがどう違うか?」について書かせていただき…

ポートフォリオ
こんな記事も読まれています。

2つの順張り買いを使う場合の資金量の調整方法

たとえば2つの順張り買いを使うとしまして、一方が逆指値未使用型、一方が逆指値使用型(約定率19%)だと仮定します。…まさに資高【フォロー改】と【ブレイク…

資金管理方法
トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:資金100万ファイルと500万ファイルの違い
前の記事:相場のリバウンドと言えるのは、前日比がプラスの場合だけとは限らない?
今の記事:個人的な順張り買いに対する考え方

おすすめ記事

やはり直近の期待値重視?

私自身が重視しますのは、最適分散投資後の結果ではなく、バックテスト段階の結果だ…

買いと売りは別枠として考えるのも手?

まず、買いのみで戦うとしましたら、以下のようなバランスにするのが一案としてあり…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る