システムトレードブログ

個人的によく使う手仕舞い方法

トレシズ開発方法
個人的によく使う手仕舞い方法

手仕舞い方法は奥が深いもので、

最近の個人的なスタイルですと、

「仕掛け方法と手仕舞い方法はワンセット」

という考え方をしているかもしれません。

今日は、

個人的によく使う手仕舞い方法について

書かせていただきます。

個人的によく使う手仕舞い方法(1) 固定幅ブレイク

まずはやはり、

固定幅ブレイクから試す場合が多いです。

固定幅ブレイク1

イザナミのライブラリから選べますね。

固定幅ブレイク2

保有日数や、

利確・損切り%はもちろん調整する場合も多いです。

この手法は損切りもあるため、

1トレードあたりの損失を抑えたい時に使う場合が多いです。

ただ、勝率を追うための手法ではない点に注意が必要かもですね汗

どちらかというと、

勝率60%近辺でプラスを狙う戦略に向いた設定、

と考えています。

個人的によく使う手仕舞い方法(2) 翌日寄成、または当日引けの手仕舞い

こちらも非常によく使うシンプルな手仕舞い方法ですね~。

基本的には、たいてい寄りが一番出来高が多いので、

理にかなった手法、


という印象です。

翌日寄成

こちらは翌日寄成ですね~。

実際のところ、

最もよく使う設定かもしれません笑

当日引け

デイの場合にはもちろん、

当日引けの手仕舞いとなります。

個人的によく使う手仕舞い方法(3) その他

あとは、

勝率を上げたい場合には場中の手仕舞いや、

当日or翌日の指値・不成の手仕舞いを入れる場合もあります。

ただ、

やはり(1)と(2)の手仕舞い方法が基本とはなってきますね~。

トレシズの「開発方法」の記事

前々記事:「どういう位置で仕掛けたいか?」を考慮に入れる
前の記事:個人的な、ユーザー定義指標の使い道
今の記事:個人的によく使う手仕舞い方法
次の記事:成行か?指値か?
次々記事:10月現在、開発中の戦略

おすすめ記事

戦略開発時の検証期間の設定

何かしら戦略を開発する際には、バックテスト側の検証期間を「2000/01/04〜最新デー…

戦略開発方法を学ぶシリーズ(14)

ひさびさの戦略開発方法を学ぶシリーズですが、日々ブログにもよく書かせていただい…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る