システムトレードブログ

苦手相場を捨てるという選択肢

トレシズ投資手法

苦手相場を捨てる、という発想もあり?

TOPIX(2021年1月7日時点)

これは今日時点のTOPIXのチャートですね。

ブレイクしてきていい形なのですが、
注目は2~3月時期です苦笑

今はもちろん、

完全に上昇トレンドなので、

捨てるという選択肢はあまりないはずです苦笑


ただ、2020年2~3月期のみは、

スタイルによって考え方が分かれるところ、

だと思っていたりしますね~。

常にシグナルを出すのが正しいというわけではない?

これはスタイルによって変わってくるとは思うのですが、

シグナルを毎日出すのが重要なのではなく、

結論的にはやはり、

トータルプラスにすることが重要

とあくまで個人的に考えております苦笑

下落トレンドを得意とする方ならいいのですが、

もし初心者の方などの場合には特に、

「難しい相場は捨てる」

という考え方もあり、

と思っているほどですね~汗

お休みライン(?)を決めておくと、暴落はあまり恐くない?(ぇ

お休み

たとえば上記例の150日線は、

25日線や75日線などなんでもいいと思うのですが、

過去の暴落はたいてい、

上記のようなラインの下で起こっています苦笑

もちろん、

ベテランの方でそういった相場を得意とする場合にはいいのですが、

もしそうでない場合には、

勝ちにくそうな相場ではあえて仕掛けず、

研究にあてる、

という選択肢もまた1つかな、

と思っていたりしますね~汗

補足

なお、資高システムは、

「各戦略の苦手相場を捨てた上で、極限までシグナルを出す」

というコンセプトです(ぇ

以下、関連記事です。

トレシズ流(?)のQ&A

需要があるかどうかは謎ですが、あくまで私自身のスタイルが気になる方向けへの記事です苦笑このあたりはいずれ、特典PDFなどにまとめたいなと思っております。…

その他のQ&A
こんな記事も読まれています。

取りやすい時に取る

あくまで個人的なスタイルですと、「取りやすい時に取る」というイメージです笑逆に言いますと、…「取りにくい相場では無理をしない」というスタイルなのかもし…

投資手法
トレシズの「投資手法」の記事

前々記事:私自身が一番好きな手法とは(ぇ
前の記事:投資の資金配分
今の記事:苦手相場を捨てるという選択肢
次の記事:資金300万からのシステムトレード
次々記事:勝つための戦略

おすすめ記事

NYダウの優位性

NYダウを使った戦略は、一番の難点としましては、朝バックテスト検証をする必要があ…

低期待値戦略のメリット

「期待値はどの程度の大きさが必要か?」という観点ですと、あくまで個人的には、期…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る