システムトレードブログ

リスクオフ設定という考え方もありだと思っています。

トレシズ資金管理方法
リスクオフ設定

今はなかなか押しが強い時期ですが、

あくまで個人的な考えですと、

「リスクオフ設定」

というのもあり、

と思っていたりしますね~。

リスクオフ設定とは?

TOPIX_20210513

ひとまず、

直近のTOPIXのチャートをアップしてみます。

緑色が50日線ですが、

4/20以降このサポートラインを割り込んでますね。

シストレ駆け出しの頃にはまる罠増刊号にも書かせていただいておりますが、

「こういった時期は停止、あるいはロットを落とすのもあり」

と考えているほどです。

TOPIX_311

3.11などもそうですね。

50日線を割り込んだ後、

一気に下げています。

…暴落で食らった経験が何度もあるからこその、

リスク対策なのかもしれません汗

リスクオフ設定の具体的な設定方法

たとえば売りを併用する場合には、

リスクオフ設定はそこまで重要ではないかもしれません。

この際には、

「売りである程度買いの損失をヘッジできているかどうか?」

という点の確認が重要ですね~。

買いのみの構成ですと、

リスクオフ設定は結構有効なのではないか?

と考えておりまして、

たとえばですが、

(1)50日線を割り込んだら一気にロットを落とす
 ↓
(2)あとは、本格的に仕掛けるラインを決める(たとえば、2020年3月レベルの押しなど)
 ↓
(3)2020年3月レベルの押しに到達するまでは、相場が下がった場合に限りロットをじわじわと上げていく

といった感じですね~。

まとめ:リスクオフ設定は、「待つも相場」好きの方におすすめです。

リスクオフ設定は、「待つも相場」好きの方におすすめです。

個人的なスタイルですと、

やはり「25日線上」など、

上昇トレンドがやはり勝ちやすいと思っておりまして、

それ以外では守ることも重要、


と考えていたりしますね~。

ただ今のような相場でも積極的にシグナルを出す買い戦略もあり、

それはずばり、

逆張り買い戦略です。

ただこれはやはりDDが避けられない場合も多いため、

攻めるのはあくまで資金の一部にとどめておくといった感じで、

資金を分けるのもあり、

と思っていたりしますね。

以下、関連記事です。

相場の押しの際のDDを抑える

個人的なスタイルとしましては、「相場の押しの際のDDを抑える」というのが、かなり優先順位が高い事項です。これはなんといいますか、「押しの際のDDが小さけ…

運用方法
こんな記事も読まれています。

フルポジションにできるかどうか?

たとえばシストレ総資金が500万だったと仮定します。この際に、「資金効率」を追いますと、やはり理想は「日々500万のポジションがあること」だと考えます苦笑…

運用方法
トレシズの「資金管理方法」の記事

前々記事:日々、どの程度収支を動かすか?
前の記事:資金管理方法の考え方
今の記事:リスクオフ設定という考え方もありだと思っています。
次の記事:平均損失の値はロットを決めるのに重要と考えます。

おすすめ記事

トレシズ式資金管理術(10)

■売買手数料負荷・スリッページ負荷やはりといいますか、売買手数料やスリッページを…

順張り買いと逆張り買いの日々のポジション量

たとえば先週末と今日の相場ですと、結果的に先週末かもしくは今日の寄りで買いを仕…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る