システムトレードブログ

順張り買いと逆張り買いの必要資金量

トレシズシストレの考え方
システムトレードにおける順張り買いと逆張り買いの必要資金量

「順張り買いと逆張り買いでは、必要資金量に差はあるのかどうか?」

という疑問が湧かれる場合もあるかもしれません。

これはおそらく個人差があり、

手法次第な気もしますが、

あくまで私自身の場合ですと、

「逆張り買いの方が、順張り買いよりも資金量を必要とする場合が多い」

といったイメージで考えております。

個人的なスタイルの場合、なぜ逆張り買いの方が資金量を必要とするか?

個人的なスタイルの場合、なぜ逆張り買いの方が資金量を必要とするか?

これはなんといいますか、

スタイル上のお話なのかもしれません苦笑

(1)逆張り買いでは約定率が高い戦略の使用数を抑えており、下で待ち受ける場合が多いから
(2)元々の銘柄分散数的に、順張り買いは銘柄分散数少な目、逆張り買いは銘柄分散数多めのため
(3)逆張り買いの場合、あくまで個人的には結構追撃で仕掛ける場合が多いので、DD用資金がより大きく必要になるため

特に(2)の方は、

たとえば1銘柄投入額を20万とした場合、

当然銘柄分散数が多い戦略の方が資金を必要としますよね。

そのため必然的に逆張り買いの方が資金量が必要になる

という理屈です。

逆張り買いで必要資金量を抑えることも可能?

これはもちろん可能

と考えておりまして、

たとえばですが、

「約定率が比較的高い逆張り買い戦略を組み合わせた場合」

などには、

比較的必要資金量が抑えられるのではないか?

と考えていたりしますね~。

以下、関連記事です。

2つの逆張り買いを使う場合の資金量の調整方法

地味にこのあひる(村長?)の画像が気に入っています笑2つの逆張り買いといいつつ、3羽ですが…汗今日は、以前の記事の逆張りバージョンについて書かせていただ…

運用方法
こんな記事も読まれています。

2つの順張り買いを使う場合の資金量の調整方法

たとえば2つの順張り買いを使うとしまして、一方が逆指値未使用型、一方が逆指値使用型(約定率19%)だと仮定します。…まさに資高【フォロー改】と【ブレイク…

資金管理方法
トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:自分自身がしっくりくる戦略
前の記事:金融資産は捨てたものとして考えるスタイル
今の記事:順張り買いと逆張り買いの必要資金量
次の記事:1トレード単位の大負け
次々記事:仕掛け方法で明確に役割を分ける

おすすめ記事

常に100%の資金を投入するのが正しいか?

これも結構いただくご質問で、「寝ている資金があるのはもったいないので、常に100%…

もし売買手数料が無料なら、勝てるストラテジーは山ほどある?

なぜか意味もなく疑問系にしてしまいましたが(コラ、もし売買手数料などの証券会社に…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る