システムトレードブログ

特定戦略のDD中にシグナルを出す戦略

トレシズ運用方法
CPU

以前ブログにて、

「特定戦略のDD中にシグナルを出す戦略」

という話題を書かせていただいたことがありますが、

実はこの手法、

今も使っていたりします(ぇ


実際、

結構有効な手法の1つと思っていたりしますね~。

逆張り買いではオーバーシュートを狙うのが王道

たとえばですが、

多くの買い戦略でDDになりやすい時期というのは、

「シストレ向きな銘柄がまったく反発していない時期」

と言えるかもしれません。

逆張り買いではオーバーシュートを狙うのが王道的な手法ですが、

シストレ向きな銘柄がまったく反発していない時期というのも、

ある意味オーバーシュート時期である場合が多い、


と思っていたりしますね~。

多くの買い戦略でDDになっている時期は実は狙い目?

ショッピングカート

このあたりはあまり書くと怒られますので控えめにしておきますが苦笑、

「多くの買い戦略でDDになっている時期」

というものは、

絶対ではないものの、

「多くの場合では買い場」

として考えております。

上がってから買うのでは遅い場合も結構多く、

意気消沈しがちなDD相場、

そこで攻めるというのも1つのおすすめの手法として考えていたりしますね汗

以下、関連記事です。

シストレで勝つためのアプローチ方法(2)

■(3)ドローダウンを知るやはりといいますか、シストレでは仕掛けた瞬間に、含み益となる場合もあれば、含み損となる場合も多々あります。DDなしに勝てる戦略…

シストレで勝つためのアプローチ方法
こんな記事も読まれています。

資金にバッファを持たせるという考え方が大事だと思っています。

たとえばですが、シストレに回せる資金が1000万ある場合、「常に1000万をフル活用したい」という風にお考えの方もいらっしゃるかもしれません。もちろん資金効…

資金管理方法
トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:過去戦略の動きを元に、システムトレード戦略対策を考える
前の記事:2021年3月初頭のTOPIXのトレンドライン
今の記事:特定戦略のDD中にシグナルを出す戦略
次の記事:2つの逆張り買いを使う場合の資金量の調整方法
次々記事:システムトレード運用中のパワーを落とさない手法

おすすめ記事

現物と信用について語ってみます(ぇ

シストレはとにかく、・投資効率・手軽さという観点で、他の投資法とは一線を画す、…

戦略によって投入金額を変えるのはありなのか?

ストラテジーを使っていますと、もちろん戦略によって好不調の波があり、また運用期…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る