システムトレードブログ

スイングで持ち越すべき地合

トレシズ投資手法
シストレ戦略の2種類の手仕舞い方法

あくまで個人的には、

・スイングで持ち越すべき地合
・デイで手仕舞いすべき地合

という2種類が存在する、

と思っております(ぇ

これはデイトレード戦略、

スイングトレード戦略それぞれがあると思いますので非常に難しいところですが、

相場状況により、

・デイトレード戦略でも、特定条件を満たしたらポジションをオーバーナイトする
・スイングトレード戦略でも、特定条件を満たしたらポジションを初日引けで手仕舞いする

という手法が結構有効なのではないか?

と考えていたりしますね~。

どんな地合・または個別銘柄の状況でオーバーナイトすべきか?

持ち越すべき地合

たとえば一例を挙げますと、

TOPIX25日線上の場合などですね~。

これはシンプルに、

デイトレード戦略の手仕舞いを翌日寄りで手仕舞いなどにカスタマイズし、

「どんな地合で期待値が伸びるか?」

を検証すると分かりやすいかもしれません。

そんなに頻発はしないですが、

買いでストップ高に張り付いている銘柄も、

通常はオーバーナイトすべきですね笑

どんな地合・または個別銘柄の状況で引けで手仕舞いすべきか?

引けで手仕舞いすべき地合

これは主に三点で、

・安値をブレイクしている地合(特に指数が高値圏にある時)
・新興の指数等が超高値圏の場合
・個別銘柄の場合、上値抵抗に差し掛かった場合

などが代表的でしょうか。

他にもいろいろな手仕舞い箇所がありますが、

「スイングを状況によりデイに変える」 という手法は、

主にDDを抑制する効果が高い、

と考えております。

余談

東証で数年後に、

大引けが15:30になるようですね~。

そのため全体的には15時の手仕舞いでなく15時半の手仕舞いとなります。

…違いはあまりないと思いますが苦笑

現時点では、上記の販売戦略への影響も軽微、と見ています。

以下、関連記事です。

どんな戦略に「待つも相場」を導入するか?

個人的によく使う手法である「待つも相場」ですが、これを導入する戦略もあれば、導入しない戦略もあります。以下、「個人的に、どういう戦略に待つも相場を導…

シストレの開発・カスタマイズ
こんな記事も読まれています。

常に100%持ち越すのはありなのか?

時々話題に出させていただいているテーマではありますが、個人的に最近研究しておりますのが、「買いで常に100%持ち越す手法」だったりします(ぇもちろん、こ…

投資手法
トレシズの「投資手法」の記事

前々記事:どうしてもシステムトレードで勝てないという方におすすめする手法の1つ
前の記事:逆指値戦略の魅力
今の記事:スイングで持ち越すべき地合
次の記事:どうしてもシステムトレードで勝てないという方におすすめする手法の1つ(2)

おすすめ記事

浅い仕掛けについて語ってみます。

逆張り買いで、たとえば前日終値−8%といった深い位置を指す場合があります。これは…

シストレで「待ち」はきついが、勝ちやすくはなる?

個人的にやはり職業柄、「シストレで勝てない」というご相談をいただく場合は多いも…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る