システムトレードブログ

システムトレードで最速で億を目指す手法(ぇ

トレシズ投資手法
投資手法

今日の内容はリスクが高いのでおすすめはしないのですが苦笑、

「あくまで個人的に考える、システムトレードで最速で億を目指せる可能性がある手法」

について書かせていただきたいと思います(ぇ

(1)常にフルポジションで回す

資金効率を考えますと、

やはりポジションがない日を極力削るのがベストだとは思うわけですね。

それプラス、

できれば「場中の回転」も加えるとさらに資金効率が上がるとは思います。

スキャルピングのような超短期トレードでは、

今の時代アルゴには非常に勝ちにくいと思いますね~苦笑

そういった意味で個人的には、

「場中の利確や損切り、仕掛けを取り入れつつも、やはりスイング主体がいいのではないか?」

と考えております汗

(2)複利

最も王道的な手法とは言えるかもしれません。

これはなぜかといいますと、

株で相当利益をあげている先人達の大半がこれだからですね苦笑

B・N・F氏の場合ですと、月複利だったというお言葉がありましたね~。

そのためここは、日複利に必ずしもこだわる必要はないのではないか?

と考えます。

(3)入金投資法(コラ

これも著名な方で結構例がありますね。

総資金がものすごく増えてきた段階では、

少額を入金しても効果はほぼない感じですが、

「特に序盤」

に関しては非常に入金の効果があります。

これと複利を合わせるというのが、

その戦略が機能すればという前提は付くものの、

非常に破壊力がある手法だとは思いますね~。

(4)集中投資

要するに、銘柄分散数を1~5銘柄程度にすることにより、

一極集中型にする感じですね。

分散というのは要するにリスクを落とす手法なので、

逆に分散しないことにより、

リスクを上げてその分スピードも上げるという考え方です。

ビットコインなども、やり方によってはここに該当しますね。

総じて、「複利」というのが共通テーマとなるかもしれません。

以上の例を見て個人的に思うことは?

リスク

上記を見て個人的に思いますのは、



総じてリスクが高いですね~苦笑

※ただもちろん、複利単体はのぞきます。

そのためまったくおすすめはしないのですが、

たとえばですが、

・余剰資金があり、なくなっても耐えられるレベルの少額でのスタート
・システムトレードの新たな手法に挑戦したい場合

といった際には、

あくまで一部の資金で試すのも結構学びになるのではないか?

と思うところはありますね。

単にリスクが高いというだけで、

必ずしも間違っているとは言えない手法、という位置付けです。

(※注:おすすめはしませんので、あくまで1つのネタとして見ていただければと思います苦笑)

以下、関連記事です。

複利で伸びる戦略の条件

複利にして伸びる戦略というものにはいくつか条件があると思っておりまして、まず真っ先に言えることは、…バックテスト段階のフォワードの期待値がプラスである…

複利運用
こんな記事も読まれています。

複利運用の注意点

私自身はポートフォリオ全体で複利運用主体ですが、「複利の場合、どういう部分に注意しているか?」という点について書かせていただきたいと思います。まず、…

複利運用
トレシズの「投資手法」の記事

前々記事:段階的にシステムトレード資金を増やす手法
前の記事:個人的な逆張り買いの手法
今の記事:システムトレードで最速で億を目指す手法(ぇ
次の記事:日々シグナルを出す形から、得意相場でのみシグナルを出す形への移行
次々記事:システムトレードにおけるデイトレとスイングの違い

おすすめ記事

2010年9月8日(水) 運用結果

昨日は小ロットということもあり新星堂とウルシステムズを買った後株から離れていた…

過去に試した投資手法(1)

システムトレードの過去の検証上の結果で、「全シグナルを仕掛けられさえすれば、期…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る