システムトレードブログ

シストレと長期投資の比率

トレシズ運用方法
シストレと長期投資の比率

ある程度シストレのスタイルが出来上がってきますと、

追加で長期投資、

といった選択肢も出てくるかもしれません。

長期投資の場合、普段からある程度は現金を残しておく

長期投資の場合、

個人的なスタイルですと、

「普段からある程度(3割程度)現金を残しておくべき」

という考え方が強いかもしれません。

これは前記事の通りですね~。

> 珍しく、長期投資について語ってみます(ぇ
> 相当長期の値を使ってロットを決める手法

要するに、

・普段はそこまで仕込まないため(ドルコスト平均法な感じで上限があるため)
・市場暴落時に結構仕込むので、そこに備えるため
・DD用資金

といった意味で現金を残しておく、

といった意味合いが強い形です。

寝かせている現金はどうするか?

寝かせている現金はどうするか?

ただ、現金を寝かせておくのも非効率的なので、

これを普段はIPO用に割り当てる形ですね~。

そして、

市場の暴落を感じてきましたら、

…ここから資金を長期投資用口座へ移動する形です苦笑

余力を残しておくのも大事な一方、

「資金を完全には寝かさないで、何かしら有効活用していく」

というのがいいのではないか?

と思っております。

以下、関連記事です。

珍しく、長期投資について語ってみます(ぇ

今日は珍しく、長期投資についてです(ぇ長期投資にシステムトレード要素を取り入れるかどうか?は非常に難しいところだと思っておりまして、やり方がいろいろ…

投資手法
こんな記事も読まれています。

相当長期の値を使ってロットを決める手法

個人的なオリジナル手法なのですが、「TOPIX等の、相当長期の終値の位置の値を使ってロットを決める」という手法を採用している戦略があります。主に、長期投資…

資金管理方法
トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:DDが大きい場合の対策
前の記事:新興銘柄シグナルを含めるかどうか?
今の記事:シストレと長期投資の比率
次の記事:シストレ運用における個人的な環境
次々記事:1銘柄投入額が10万以下だとシグナル効率が落ちる?

おすすめ記事

買い戦略における、終日ストップ高気配銘柄の手仕舞い

超順【L】の取引銘柄でありましたが(銘柄M)、「手仕舞いシグナルが出ている買い保…

日々使う戦略を切り替えるのはありなのか?

今日は、ユーザー様からお問い合わせをいただきましたので、「日々使う戦略を切り替…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る