システムトレードブログ

システムトレードの小技

トレシズ投資手法
システムトレードの小技

今日は軽く、

システムトレードで使える小技をご紹介します。

逆指値戦略は、寄付を見て場合によっては成行に変える

これは個人的にはほぼ100%使っている手法ですね~。

朝時間がないと使えないのが難点ですが苦笑

買いの逆指値で、

仕掛けラインより明らかに上で始まりそうな場合には成行にしてしまう、

という手法で、

この注文に関してはスリッページが0になるため非常に有効です。

たまに微妙なラインで始まる場合があり、

その際には誤発注となってしまいますが、

個人的な経験上では、

…5%以下です汗(ぇ

誤発注をどう考えるかですが、

私の場合ですと、

「逆指値の仕掛けラインよりちょい下で始まった場合の期待値」

を調べたりしますね。

それで期待値が落ちる戦略の場合には、

微妙な寄りの場合の際にこの成行に変える手法は使いません苦笑

デイトレード戦略は、買いならストップ高の指値を入れる

これも定番ですね。

特に新興銘柄、東証二部低位株等を狙うデイトレード戦略の場合には、

IFDでストップの指値は入れた方が間違いなくいいと思います。

東証一部銘柄の場合、

あまり意味はなかったりしますが(ぇ

とはいえ、個人的には東証一部銘柄でもデイのストップの手仕舞いは必ず入れます苦笑

逆指値M注文

SBIネオトレードで使える注文方法ですね~。

○○円以下になったら指値や成行注文を出す、

といった手法で、

特に逆張り買い、逆張り売りに応用が効く、

と考えられます。

この手法については私自身まだ模索中ですが、

逆張りで使える可能性を多々秘めている、

という感じですね。

引けで追加で仕掛ける

引けで追加で仕掛ける

逆張り買いで仕掛けた日に、

仕掛けた銘柄が底抜けたりする場合もあったりしますが、

「そういった際に、引け等で追加で仕掛けたらどうなるか?」

といった検証はしておいた方がいいかもしれませんね~。

引け間際に時間が取れることが大前提ですが、

期待値がある場合にはそういったロジックの追加も検討する余地がある、

と思っていたりします汗

以下、関連記事です。

逆指値のラインを当日変えるテクニック

表題の通りですが、個人的にはよく、「仕掛け当日に、逆指値の位置を変える」というテクニックを使っています。といいますのも、「どのあたりの指値を超えたら…

シストレのテクニック
こんな記事も読まれています。

仕掛け当日の再投資というテクニック

たとえば、損小利大系戦略では、利益をなるべく伸ばすようにしないと勝てませんが、一方勝率重視の逆張り系はどうかといいますと、こちらは逆に、利確の%を小…

シストレのテクニック
トレシズの「投資手法」の記事

前々記事:成行について語ってみます(ぇ
前の記事:業種で絞り込むのはありなのか?
今の記事:システムトレードの小技

おすすめ記事

シストレで「待ち」はきついが、勝ちやすくはなる?

個人的にやはり職業柄、「シストレで勝てない」というご相談をいただく場合は多いも…

ボックス対策は2種類用意した方がいい?

現在は先のトレンド判定フィルターを元に戦略を開発しておりますが、一番難解なのは…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る