システムトレードブログ

株システムトレードの資金量

トレシズ資金管理方法
一服

たとえばですが、

150万ファイルでは成績が悪いものの、

500万ファイルでは調子がいい、

という事象は結構起きます。

高資金ファイルで成績が良く、低資金ファイルで成績が悪い要因とは?

これはやはり、

絶対ではないものの、まっさきに考えられる要因としましては、

「銘柄分散数の影響」

かもしれませんね~。

たとえば500万ファイルでは13銘柄分散となっているのに対し、

150万ファイルでは7銘柄分散となっていた、

こういった点も成績に影響する可能性があると考えられます。

まずは銘柄分散数を揃える

コツコツ

そのため、

高資金ファイルで調子が良く、

低資金ファイルで調子が悪い場合には、

「まずは銘柄分散数を揃える」

というアプローチ方法が1つかもしれませんね~。

ただやはり、

たとえば資金50万で13銘柄分散というのは、

要するに単元価格が4万以下の銘柄にしか仕掛けられないということになり、

そもそもの売買対象銘柄がだいぶ減ります。

また、1銘柄投入額が落ちる影響により、

売買手数料の影響も無視できない感じになります汗

売買手数料は信用無料のところを使えばいいとしても、

売買対象銘柄が減ることによる総取引回数や安定感の減少、

ひいては通算利益率の減少は避けられないかもしれません。

ここはやはり一番は、

「じょじょに資金を追加する」

というのが対策になるかな、と考えます汗

どのあたりの資金量になると、分散しやすくなるか?

あくまで私自身の感覚ですと、

大体300~400万を超えてきますと、

結構やりやすくなりますね。

おそらく、

これぐらいの資金量だと、

売買対象となる銘柄数がある程度増えるからではないか?

と思っていたりします。

以下、関連記事です。

同じ資金の戦略でも総資金によって結果は異なる?

たとえばですが、必要資金量150万の戦略を使うとします。ただ、(A)総資金が150万で必要資金量150万の戦略を使う場合(B)総資金が1000万で必要資金量150万の…

運用方法
こんな記事も読まれています。

(193)銘柄分散数はどれぐらいが適切ですか?

■銘柄分散数はどれぐらいが適切ですか?資金量にもよりますが、資金量が小さい最初のうちは、大体10〜20銘柄分散がいいのではないか?とは思っていたりしますね…

シストレ全般のQ&A
トレシズの「資金管理方法」の記事

前々記事:トレシズ式資金管理術(26)
前の記事:順張り買いと逆張り買いの日々のポジション量
今の記事:株システムトレードの資金量
次の記事:2つの順張り買いを使う場合の資金量の調整方法
次々記事:今の時期の日々の損益の動きが大きすぎると感じる場合には?

おすすめ記事

トレシズ式資金管理術(17)

■戦略の停止基準(1)自分の資金を守るのが資金管理という観点では、戦略の停止基準…

順張り買いと逆張り買いの日々のポジション量

たとえば先週末と今日の相場ですと、結果的に先週末かもしくは今日の寄りで買いを仕…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る