システムトレードブログ

投資の資金配分

トレシズ投資手法
投資手法

今日の内容は、

あくまで個人的な考えとしてご覧いただければと思います苦笑

私自身は、

「システムトレードを含めて、分散投資が大事」
「かつ、それぞれの資金配分を、最初に決めることが大事」

だと思っていたりしますね~。

もちろん、

分散をした上で、特定分野で集中投資をする、

というのは十分ありかなと考えます。

生活必要資金はのぞいて考える

まず大前提として、

生活必要資金はのぞいて考える

これが鉄則だと思っております苦笑

生活がかかった投資になりますと、

…とても冷静に運用できるとは思えないためですね汗

株の分散投資

NISA

その上で、たとえば株系で言いますと、

(A)システムトレード
(B)長期投資、積み立てNISA、配当・優待狙い等
(C)IPO狙い
(D)裁量

といろいろあったりします。

これらの投資配分を決めるのも大事、

だと思っていたりしますね~。

…なお、今は私の場合ですと「(D)裁量」はやっていません苦笑

(A)システムトレード

あくまで個人的なスタイルですと、

上記ではやはり、

「(A)システムトレード」

の資金配分割合が最も高いです。

ここはやはり、

自分の勝負したいと考える土俵に集中するのは必然かな、

と思っております苦笑

(B)長期投資

これは私自身近年試していますが、

なかなか面白いと思っていたりします笑

特に配当や優待があった時は、

なかなかお得感がありますね~。

イメージ的に言いますと、

ふるさと納税に近い感覚です(ぇ

とっかかりとしましては、

NISA枠等、税金がかからない範囲でのスタートも十分あり、

と思っているほどですね。

私自身は大半でイザナミとKABU+を併用していますが、

こういったシストレ的な長期投資もありかな、と思っております。

(C)IPO狙い

「(C)IPO狙い」は、

抽選資金不要のところには資金を入れず、

抽選資金が必要なところにはある程度資金を入れておく感じですね~。

あとは特殊要素として、「SBIは厚めの法則(?)」があったりします苦笑



たとえば銀行の預金保険は一行あたり1,000万ですし、

これを超える分を分散して証券会社に入れておく、

というのはリスクヘッジの一環になるのではないか?

と考えております汗

当選した場合にはもちろん、

…こまめな資金移動が必要になります苦笑

(D)裁量

裁量が好きな方、得意な方の場合ですと、

やはりここに資金を割り当てるのも手になってくると思います。

私は裁量には自信がまったくないため、

割り当てるにしてもごくわずかな%にして、

…できるだけ後悔する量を抑えます苦笑

株以外の投資先

ビットコイン

やはり、

・金
・仮想通貨
・外貨系
・国債、社債等
・ソーシャルレンディング
・不動産

などへの分散も、リスクヘッジの一環としては大事かもしれませんね~。

金はやはり貨幣リスクに対するリスクヘッジになると考えられますし、

不動産などはインフレ対策になると考えられます。


…このあたりは私自身まだまだ勉強中の身のため、

そこまでは書けないのですが苦笑

堅い投資先と攻めの(?)投資先

あくまで個人的な考えですと、

銀行に預けておく割合を減らし、(これはあくまで、今は増えないからです汗)

・堅い投資先(国債、金等)
・攻めの投資先(ぇ

といったカテゴリー分けをした上で分散していくのがいいのではないか?

と思っていたりしますね~汗

その中でも株シストレは私の中では「攻め」という位置付けであり、

また最も楽しさを感じている分野でもあります笑

以下、関連記事です。

投資の是非

「投資をするか?しないか?」は、非常に難しいテーマだと思います苦笑これはなんといいますか、それぞれの方に合ったスタイルというものがあると思うためです…

シストレコラム
こんな記事も読まれています。

私自身が0からシストレを始めると仮定すると?

もし私自身がシストレをまったく知らず、0からシストレを始めるとしまして、シストレに使える総資金が500万だったと仮定します。この場合、当たり前ですが500万…

運用方法
トレシズの「投資手法」の記事

前々記事:自分自身が信じられる手法が一番?
前の記事:私自身が一番好きな手法とは(ぇ
今の記事:投資の資金配分
次の記事:苦手相場を捨てるという選択肢
次々記事:資金300万からのシステムトレード

おすすめ記事

年利10%という数字

「年利10%」という数字をどうとらえるかは人それぞれだと思いますが、時々ブログに…

マーケットインパクトを緩和する手仕舞い方法とは?

たとえばですが、買いで持ち越していた銘柄が翌日特売りとなり、含み益だったのがな…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る