システムトレードブログ

最近の、個人的なコア戦略の探し方

トレシズ開発方法
最近の、個人的なコア戦略の探し方

以前とは個人的なシストレ手法が若干ですが変わってきた部分もあり、

今日は、

「最近の、個人的なコア戦略の探し方」

について書かせていただきます。

個人的な、コア戦略を探すフロー

(1)まずは戦略を作ったり、購入するなどして、バックテストファイル・最適分散投資ファイルともに仕上げる

 ↓

(2)ひとまずはフォワード成績をしばらく見る
(全力でなければ資金を投入するのもあり)

 ↓

(3)数ヶ月単位でグラフが上昇していたり、横這いをキープしていれば候補に成り得る

 ↓

(4)手応えを感じた時点で、想定資金の半分ぐらいで運用を開始する

 ↓

(5)いけると思った時点で、じわじわと資金を増やしていく

(1)まずは戦略のバックテストファイル・最適分散投資ファイルともに仕上げる

まずは戦略のバックテストファイル・最適分散投資ファイルともに仕上げる

ひとまずはバックテスト段階の直近数年の期待値がプラスの戦略を使います。

そして最適分散投資側の設定ですが、

・総資金: 500万
・過去最大DD: 20%

だったとしましたら、

・総資金: 600万
・市場投入資金: 500万

といった設定にしてDD分の余力を設けるのが基本となります。

これはもちろん、

たとえば約定率が低く、かつ勝率が高い戦略等の場合には、

あえて余力を設けなかったり、

レバレッジをかけるのも手になってくるかもしれません。

(2)ひとまずはフォワード成績をしばらく見る

販売戦略ではなく自作の戦略の場合ですと、

まず確認すべきは、

「実際に運用できる手法かどうか?」

という点ですね汗

実際、
すごい能力の戦略ができた!と喜んだのも束の間、
実は未来指標を使ってしまっていた、
なんてこともありがちです苦笑

次の段階としましては、

「実際に資金は投入しなくても、フォワード成績を日々見続ける」

といった工程が重要と考えます。

・どういった相場でどういう動きをする戦略か?
・どういった相場を苦手とする戦略か?
・どんな部分に問題を感じるか?


といった点は資金を投入しなくても分かるので、

ここに一手間かけるのが重要、

と考えております。

もちろん、
全力でなければ、資金を投入して試してみるのもありだと考えます。

(3)数ヶ月単位でグラフが上昇していたり、横這いをキープしていれば候補に成り得る

ここが非常に重要ですね。

やはりといいますか、

フォワードで機能しているのを確認しないことには、

その戦略に対する信用が生まれませんし、

疑心暗鬼になり裁量で停止してしまう確率も上がってしまうかもしれません。

「焦らずに、フォワードで機能しているもののみを使う」

というのが個人的なスタイルです。

(4)手応えを感じた時点で、想定資金の半分ぐらいで運用を開始する

手応えを感じた時点で、想定資金の半分ぐらいで運用を開始する

ここまで確認したとしても、

実際に資金を投入するとなると話は別で、

資金を投入していない場合とでは精神的にだいぶ違います苦笑

そのため、

まずはちょっと物足りないぐらいの資金を投入するというのがおすすめだったりしますね~。

この段階では、
何かしら問題点を感じた時点で停止&カスタマイズというのもあり、 と思っています。

(5)いけると思った時点で、ジワジワと資金を増やしていく

そして、

資金を投入した運用で手応えを感じてきましたら、

ジワジワと資金量を増やしていく、


というのがあくまで個人的なスタイルです。

一気に全力で行ってもいいのですが、

それだと少額で運用していた時の結果があまり意味がなくなってしまい、

未来の本気の資金量で運用している時の結果が全てといった感じになってしまうため、

たとえばイレギュラーで暴落等が起きたりしますと予期せぬ大ダメージを被る場合も出てくると想定されます。

「とにかくジワジワと」

これが個人的には好みですね笑

そして、

ある程度運用を継続できた頃には、

絶対とは言えないものの、

その戦略はコア戦略に近い状態になっている場合が多いと思います。


要するに、
コア戦略はすぐにはできない、
ということですね苦笑

トレシズの「開発方法」の記事

前々記事:現在開発中の個人戦略(20)
前の記事:現在開発中の個人戦略(21)
今の記事:最近の、個人的なコア戦略の探し方

おすすめ記事

NYダウは使うべきかどうか?

「NYダウを使うべきかどうか?」という観点ですと、あくまで個人的には、「使うべき…

トレード日記側では、どの程度の戦略を採用するか?

あくまでご参考といった目的で、「私の場合、トレード日記側ではどの程度の戦略を採…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る