システムトレードブログ

コロナウイルス関連について

トレシズシストレ・相場関連

最近はコロナウイルス関連の話題が増えていますが、

「個人的にはこのあたりをどう考えているか?」

について書かせていただきたいと思います(ぇ

一般的には、

「コロナウイルスの影響により経済が停滞し、株価が下がるのではないか?」

と推測されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際のところ、

あくまで個人的な考えですと、

「長期保有の場合には影響が出る可能性もある」

といったイメージでとらえています。

ただ、シストレ的な観点ですと、

「シストレは基本は短期保有なので、影響は小さい」

と考えていたりしますね汗(ぇ

シストレには売りもありますし、

売りでヘッジすればいいだけというのも1つですが、

一番大きい点としましては、

「株シストレでは短期でポジションを持っている間に損益がプラスであればいい」

というだけのお話となってきますので、

「長期的に株価が下がってもあまり関係がない」

ということになってくるからかもしれません苦笑

要するに、

「時間軸」

のお話ですね〜。

ここがシストレの利点の一つだとは思うのですが、

リスクを極限まで抑えるのであればやはり保有日数を短くするしかなく、

究極的にはスキャルピングやデイトレになってくるのではないか?

と考えております。

もちろん、

2013年のような超上昇トレンドが最も勝ちやすいのは事実ですが、

2019年以降は結構シストレ向きな地合が続いている気がしますね〜。

最もきついのは、

個人的に覚えておりますのは、

2010年のようなボラがない相場です苦笑

ボラがないと高期待値箇所が生まれないため、

シストレでは苦戦を強いられやすい傾向にあると思っているのですが、

最近はボラがあるので、

シストレ的には悪くない傾向だと思っています。

トレシズの「シストレ・相場関連」の記事

前々記事:2019年の総括
前の記事:シストレは勝ちやすくなっている?
今の記事:コロナウイルス関連について
次の記事:2008年10月〜11月に効いていた戦略
次々記事:今の時期の値動きについて考える

おすすめ記事

大納会ですね、今年もお疲れさまでした。

さて、今年の株取引が終わりましたね〜、今年も一年間お疲れ様でした。正直、今年は…

売りが効きやすい時期

今日は、あくまで個人的に考える、「売りが効きやすい時期と、効きにくい時期」につ…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る