システムトレードブログ

日次損益の、ポジションがない日を埋めていく

トレシズストラテジーの選び方

「ポートフォリオのバランスのいい組み方が分からない」

という場合には、

やはり基本的には、

「お持ちの戦略を複数売買ルールにした際に、日次損益のポジションがない日を埋めていく」

というやり方がいいのではないか?

と思っていたりします。

たとえばですが、

暴落相場でシグナルが発生するタイプの逆張り買い戦略ですと、

2020年2月 ポジション量MAX
2020年3月 ポジション量MAX
2020年4月 ポジションはわりと多め
2020年5月 ポジション量少な目
2020年6月 ポジション量少な目
2020年7月 ポジション量少な目
2020年8月 ポジション量少な目
2020年9月 ポジション量少な目

…後半はポジション量がかなりないですが苦笑

上記のような感じになりやすい傾向にあります。

そのため私の場合ですと、

次にポートフォリオに入れたいのは、

「2020年5月〜2020年9月にポジション量が増えるタイプの戦略」

ということになります。

資金効率を考えますと、

これはやはり必然ですね〜。



2020年5月〜2020年9月は比較的強い相場でしたので、

シグナルが発生しやすいのは

・順張り買い
・押し目買い
・逆張り売り

などがメインになってきますが、

もし、

「2020年5月〜2020年9月にポジション量が増える戦略が分からない」

といった場合には、

私宛にお問い合わせいただければ適切なトレシズ戦略をご紹介させていただくことも可能ですので、

ご希望の際にはお問い合わせください笑

https://www.torezista.com/vendor/contact.php?vendor_id=5

トレシズの「ストラテジーの選び方」の記事

前々記事:戦略を絞る
前の記事:浅い位置でも仕掛けられる戦略の必要性
今の記事:日次損益の、ポジションがない日を埋めていく
次の記事:さまざまな仕掛け時期
次々記事:成行戦略の是非

おすすめ記事

個人的な戦略の追加方法(1)

間が空いてしまいましたが、…変わらず元気です笑(コラひとまずはブログ再開ということ…

最近の個人的な戦略の導入手順(2)

ポートフォリオとは非常に奥が深いもので、私自身この記事を非常に考えながら書いて…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る