システムトレードブログ

シストレ継続に必要な5ステップ

トレシズ運用方法

個人的には、システムトレードを始めようと思う方は、株を全くやったことがない方か、もしくは今まで自己裁量で勝てなかった方が多いのではないかと推測しております。

シストレの優位性はとにかく「ルールが明確である点」で、仕掛けや手仕舞いのタイミングがうやむやで、毎回トレードのたびに頭を悩ませられた自己裁量時とは違い、

「比較的精神的な負荷を小さく抑え、かつ有効な手法を実践できる」

という点で優れていると思っております。

その一方、システムトレードを行う際に必要な点が「シグナルに従い続けること」となりますが、

これが意外と簡単なようで難しいものなんですね(私の経験則を交えてですが苦笑

たとえば「ダイエットをしたい!」と思った際に思いつきでジョギングなどを始めても、なかなか続けるのが困難です。

これは正直意思の強さという問題もありますが、一番はやはり、

「将来的なビジョンが明確でない」

という点が大きいといえるかもしれません。

「痩せて細身の服を着られるようになりたい!」

など、より一層具体的なビジョンを持つことにより、深層心理にプラスのイメージが沸いてきてそれがシストレを継続する活力になります。

結局はいつもは精神論になってしまうのですが(コラ、

私自身はこういうメンタル的な要素を最重要視しておりまして、知り合いと話す際にも語るのがたいていこういうテーマになってしまいます苦笑

でも、きっとそれぐらい重要な要素なんでしょうね〜。

「老後の資産の安定運用を考えたい」
「シストレで利益を出し、家を買いたい」
「仕事をやめてアーリーリタイアしたい」

でもなんでもいいので、目標を決めるの事がものすごくプラスに作用するのでおすすめです笑

その次の段階でシストレ継続の障害となるのは、やはり経験です。

たとえば、今株を始めたばかりの方が去年のような震災相場に遭遇した場合には、対処が難しいと思います。

また、戦略のDDが大きくなったりした場合の際などにも同様ですね。

戦略毎に予期せぬ事態が起こりうるのは避けられないため、ある一定以上のDDが発生した場合には運用を停止する、といったマイルールの設定が非常に重要ですが、

これをたとえばマイルールなしに、

「今月は-10%のドローダウンが発生している、このまま運用を続けて大丈夫なんだろうか」

と漠然と考えてしまうのは、シストレ的には好ましくないといえるかもしれません。

他には、たとえばちょっと前の

「オリンパスのような悪材料銘柄にシグナルが発生した場合、仕掛けていいものなのかどうか」

などが代表的です。

シストレ的な観点ですと、

・ドローダウンが発生しようが運用を継続する
・悪材料銘柄でもシグナルが発生すれば仕掛ける

ということになりますが、これにマイルールを加えて自分に合ったルールに仕上げていくのが王道といえるかもしれませんね。

上記のような点を踏まえますと、シストレ継続に必要なのは、

(1)目標の設定
(2)戦略選定
(3)マイルールの設定
(4)日頃の精神衛生面の管理
(5)そして、日々の経験の蓄積

という5ステップが重要になってくるのではないか、と考えていたりしますね〜笑

私自身、(5)に関しては特に現在進行形です(ぇ

トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:戦略開発時や運用時の個人的な考え方
前の記事:戦略の運用継続に関する考察
今の記事:シストレ継続に必要な5ステップ
次の記事:運用戦略をカスタマイズした際の切り替えタイミング
次々記事:シストレにおけるデイトレ指値戦略の注文を取り消すタイミング

おすすめ記事

株シストレにおける対当売買(クロス取引)対策

以前はなかったものの2022年半ば以降あたりからでしょうか、注文の際に、対当売買(…

戦略の運用停止基準について語ってみます。

たとえばですが、「戦略が過去の最大DDを超えた場合には運用を停止した方がいいのだ…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る