システムトレードブログ

伍重【Lバウンド】で、登録日から原資抜きを行っていたらどうなるか?

トレシズ投資手法
伍重【Lバウンド】で、登録日から原資抜きを行っていたらどうなるか?

今日は、

伍重【Lバウンド】で、登録日から原資抜きを行っていたらどうなるか?」

というテーマで書かせていただきます。

検証の前提

・伍重【Lバウンド】標準500万ファイルを登録日2023年3月24日から運用開始(単利)
・10%の利益が出たら、4%を原資抜きし、6%は運用資金に足す
※今回は1銘柄投入額を円にしていますが(資金が増えたら銘柄分散数を増やす形)、
円ではなく%(資金が増えたら1銘柄投入額を増やす形)にした方が増える速度は速いと推測されます。

検証結果

まず、

伍重【Lバウンド】標準500万ファイルの現在の結果は以下のような感じです。

伍重【Lバウンド】_20240321

2023年3月24日からの場合、

+183.1万

となりますので、

何回か原資抜きの機会がありそうですね。

原資抜き1回目

そして次に、

「最初の原資抜きの機会である+10%、つまりは550万」

に到達したのは、

2023年6月5日です。

ここで、

20万を原資抜きし、

運用資金を530万にします。

原資抜き2回目

次の原資抜きの段階は、

530×1.1=583万(+53万)

となります。

「次の原資抜きの機会である583万」

に到達したのは、

2024年1月31日です。

ここで、

21.2万を原資抜きし、

運用資金を561.8万にします。

原資抜き3回目

そろそろ終わりかと思いきや、

もう一回原資抜きの機会があります苦笑

次の原資抜きの段階は、

561.8×1.1=618万(+56.2万)

となります。

「次の原資抜きの機会である618万」

にほぼ到達したのは、

2024年3月21日です。

ここで、

22.5万を原資抜きし、

運用資金を595.5万にします。

結論的にはどうなるか?

個人的な方針でもある、

「総資金の60%を失っても耐えられる資金量で運用する」

というテーマから考えますと、

・初期状態
500万×0.4=200万は残ると想定(リスクは300万)

・上記原資抜きを行った場合
原資抜き分:63.7万
運用分:595.5×0.4=238.2万は残ると想定

→初期状態よりも63.7+38.2=101.9万安全になる(リスクは198.1万)

あくまで個人的には、
上記「リスク」の資金が0になることを目指しており、
0になったらもはや原資抜きはしません苦笑

ただもちろん、
元本を全て原資抜きで回収する、
というのも1つの手ですよね。

といったイメージになるかもしれません。

通算上は現時点では標準ファイルに負けているものの、

複利効果がある点や、

また円指定ではなく%指定の1銘柄投入額にすることにより、

伍重【Lバウンド】の調子が今後も良ければという前提であれば、

上記原資抜きの手法の方が圧倒的に標準ファイルを抜いていくのではないか?

と推測しています。

※保証はできません汗(コラ

トレシズの「投資手法」の記事

前々記事:株シストレ観点から見た新NISA対策
前の記事:短期投資と長期投資を組み合わせるスタイル
今の記事:伍重【Lバウンド】で、登録日から原資抜きを行っていたらどうなるか?

おすすめ記事

低位株狙いは有効なのか?

シストレ戦略では主に、株価制限が100円以上等に設定されている場合が多いと思います…

投資の資金配分

今日の内容は、あくまで個人的な考えとしてご覧いただければと思います苦笑私自身は…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る