システムトレードブログ

戦略開発やカスタマイズの際に用いるテクニカル指標

トレシズシストレの開発・カスタマイズ
戦略開発やカスタマイズの際に用いるテクニカル指標

戦略開発やカスタマイズの際に、

・戦略に使う指標はどれがいいか?
・移動平均乖離率(終値)(5日)は-5%がいいか?それとも-6%がいいか?

といった点に悩まれる場合もあるかもしれません。

今日は、このあたりに関する個人的な考えを書かせていただきたいと思います。

個人的にはどんなテクニカル指標を使うか?

個人的にはどんなテクニカル指標を使うか?

「シストレ上級者ほど、ユーザー定義指標を駆使するのでは?」

と思われるかもしれませんが、

ここはおそらくですが、



人による、

といった感じになるのかな?と思っております汗

私自身はもちろんユーザー定義指標も使うものの、

メインで使いますのは、

「移動平均や乖離率など、よく用いられるテクニカル指標」

だったりします汗(ぇ

なぜよく用いられるテクニカル指標を使うか?

なぜよく用いられるテクニカル指標を使うか?

個人的に一番大事にしている要素が、

「そのテクニカル指標が自分にとって直感的かどうか?」

という点かもしれませんね~。

ここはもちろん、

自分で作ったユーザー定義指標が自分にとって直感的なのであれば、

ユーザー定義指標主体というのもいいのではないか?

と考えます。

私自身は、

どちらかというと移動平均主体で考えるスタイルのため、

移動平均をよく用いる、


というニュアンスなのかもしれませんね~。

販売戦略ならではのお話もあります汗(ぇ

販売戦略ならではのお話もあります

販売戦略の場合、

開発者にだけ理解できるような指標というものは、



ユーザー様にとっては難解な指標になりがちです苦笑

私自身は、

ユーザー様にとってのカスタマイズのしやすさという要素も大事にしたいと考えており、

そういった意味で普通の指標を多用している、

という側面もあるかもしれませんね。

これはなんといいますか、

戦略販売者的な側面から見た特殊なお話であり、

普通は考える必要がない要素ではありますが苦笑

以下、関連記事です。

ユーザー定義指標について語ってみます。

イザナミの機能の中でも、特に「ユーザー定義指標」には、結構未知の可能性があると思っていたりします。ユーザー定義指標は慣れるまでは扱いが難しいと思いま…

イザナミの使い方
こんな記事も読まれています。

1日前の指標の有効性

1日前の指標、あるいは直近15日間の指標なども、結構重要だと考えています。たとえば前日比(率)など、普通に組みますと最終データ日の前日比の値を使うことに…

シストレのテクニック
トレシズの「シストレの開発・カスタマイズ」の記事

前々記事:個人的なシストレおすすめテクニック(1)
前の記事:期待値が高い箇所と低い箇所
今の記事:戦略開発やカスタマイズの際に用いるテクニカル指標
次の記事:株シストレでは売買対象銘柄を絞り込むのも有効?
次々記事:戦略のファイル名などの管理方法

おすすめ記事

得意相場でのみシグナルを出すようにするのも手

戦略でシグナルが出ない時期というのはなかなか厳しいもので、たとえば数か月に一回…

手仕舞い条件は最初に決めた方がいい?

戦略を組む際に、結構最初に決めた方がいいと思っている要素が、ズバリ「保有日数」…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る