システムトレードブログ

株シストレでは売買対象銘柄を絞り込むのも有効?

トレシズシストレの開発・カスタマイズ
株シストレでは売買対象銘柄を絞り込むのも有効?

たとえば著名裁量トレーダーの方の場合、

監視対象銘柄を100~500銘柄に絞り込んでいる、

といった事例もよく耳にします。

これから分かりますこととしましては、

「株シストレでも、売買対象銘柄を絞り込むのは有効なのではないか?」

という点ですね~。

売買対象銘柄を始めから絞り込むメリットとは?

売買対象銘柄を始めから絞り込むメリットとは?

売買対象銘柄を始めから絞り込むメリットとしまして一番大きいのは、

「売買対象銘柄を、自分の好みの銘柄のみにすることができる」

という点でしょうか。

テクニカル的な観点でもそうですが、

ファンダメンタルズ的な観点でも売買対象銘柄を絞り込むことができます。

たとえばですが、

・売買対象銘柄を上昇トレンド銘柄のみにする
・売買対象銘柄をプライムかつ売買代金が大きい銘柄のみにする

などが考えられますが、

「変な銘柄を引く確率が下がる」
「成績の安定につながる」

などのメリットがあるのではないか?と思っております汗

新興銘柄のシグナルを減らすのも、検討ポイントとして考えております。

新興銘柄のシグナルを減らすのも、検討ポイント

新興銘柄はもちろん、

新興が強い時期には並でないパワーがありますが、

弱い時期には、



プライム銘柄よりもかなり弱いということが実証されていますよね苦笑

もしシストレ成績が悪かったり、

もしくは向上しない場合には、

上記銘柄の絞り込みにより、

「根本的に新興銘柄シグナルを絞る」

というのも有効、

と考えていたりしますね~。

以下、関連記事です。

各戦略ごとに狙い位置を決める

個人的な手法ですと、「各戦略ごとに狙い位置を決める」といった感じでポートフォリオを組む場合が多いです。これはなぜかといいますと、・狙い位置を変えるこ…

カスタマイズ方法
こんな記事も読まれています。

どんな地合でも使いやすい戦略ランキング

今日はあくまで個人的な、「どんな地合でも使いやすい戦略ランキング」について書かせていただきたいと思います。どんな地合でも使いやすい戦略ランキング1位デ…

ストラテジーの選び方
トレシズの「シストレの開発・カスタマイズ」の記事

前々記事:期待値が高い箇所と低い箇所
前の記事:戦略開発やカスタマイズの際に用いるテクニカル指標
今の記事:株シストレでは売買対象銘柄を絞り込むのも有効?
次の記事:戦略のファイル名などの管理方法

おすすめ記事

コア戦略を探すための手順

自分が安心して運用を続けることができる、いわば「コア戦略」にたどり着くためには…

損失幅をなるべく一定幅に抑える方法

昨日損切りについて書かせていただきましたので、今日は「損失幅をなるべく一定幅に…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る