システムトレードブログ

ライブスターがIOC注文に対応したようですね〜。

トレシズ証券会社の選び方

ライブスターに今度はIOC注文が追加されたようです。

ちょっと前に、

発注システム関連のメンテナンスがあったようですが、

どうも、逆指値の仕掛けが早くなり、スリッページが減ったような…?

そんな気がしないこともありません(ぇ

…完全に気のせいかもしれませんが苦笑

ただ、私の場合、逆指値の買い戦略では、

「株価が200円以上になったら指値210円で買いという逆指値」

という、+5%指値の逆指値という手法を使っているのですが、

メンテナンス後は今のところ、5%も滑ったことがありません汗

ちょっと前のアストマックスなどはスリッページ0%でしたし、

体感では前より早くなった気がしますね〜。

もちろん確証はありませんので、

もうちょっと検証してみたいと思います。

とはいえ、

ライブスターは結構頻繁に改善を続けており、

頑張っている証券会社だなぁと思っております笑

↓以下IOC注文に関する引用です。
------------------------------------------------------------------
この度、株式現物・信用取引 におきまして、みなさまからご要望の多かった『IOC注文』を追加いたしましたので、お知らせいたします。

【IOC注文とは】
IOC注文(Immediate or Cancel order)とは、指定した値段かそれよりも有利な値段で、即時に一部あるいは全部を約定させ、
成立しなかった注文数量を失効させる条件付注文のことです。
価格が激しく動きいているときなどに発注後に即座に「注文を取り消したい」と思っても間に合わないで約定してしまう場合が
ありますが、IOC注文を利用することにより、すぐに約定できなかった注文数量は自動的に取り消されるため、
「買い指値注文を出したが、その後相場が急変し、急いで注文(未約定分)を取り消そうとしたが間に合わずに約定してしまった」
というようなリスクがなくなります。したがって、未約定分の取消や訂正を行う必要がありません。
------------------------------------------------------------------

要するに、

ザラ場中に指値で買い注文を出し、

一瞬で未約定分の注文が取り消されるという、

寄指のザラ場版みたいなものですね〜。

システムトレード的に使い道はあるのか?

という観点ですと、



現状は使い道が分かっておりません苦笑

このあたりはもうちょっと研究してみたいところですね〜。

トレシズの「証券会社の選び方」の記事

前々記事:ライブスターで、子注文で約定値基準の注文が出せるようになったようです。
前の記事:ライブスターの値幅指定注文が便利です。
今の記事:ライブスターがIOC注文に対応したようですね〜。
次の記事:続・シストレ向きな証券会社について
次々記事:立花証券e支店

おすすめ記事

SBIが「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」対応?

今気づいたのですが、SBIがついに「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」に対応したみ…

個人的な証券口座開設予定(ぇ

…かなりありがちな画像を使ってみました苦笑決して回し者ではないですが、今年は以下…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る