システムトレードブログ

LINE証券はどうなのか?

トレシズ証券会社の選び方

決して回し者ではないですが、

LINE証券は必須、

と思っていたりします(ぇ



IPO系はもちろんですが、

(現時点では全銘柄ではないものの)いちかぶ単位で取引できる点、

これがものすごく大きいと思います。

たとえば任天堂やユニクロなど、

…ちょっと単元価格が大きすぎますよね苦笑



上記は100株単位だと思いますが、

これを1株単位で売買できるということは、

「今まで売買対象でなかった銘柄を売買対象にできる」

という点にメリットがある、

と考えます。

要するに資金効率面のお話ですね。

売買対象銘柄は、

多ければ多いほど資金効率が向上する、

というお話です。



シストレ戦略的な観点ですと、

(1)たとえば最適分散投資ファイル側の総資金を1億にする
 ↓
(2)1銘柄投入額を1000万にする
 ↓
(3)実際には、その10〜30分の1のロットで仕掛ける(単元価格的に仕掛けられない場合には、LINE証券を利用する)

といった手法も1つとして考えられます。

メリットとしましては、

・今まで売買対象にできなかった銘柄を売買対象にできる
・マーケットインパクトを軽減できる

といった点あたりかもしれませんね〜。

このあたりは私自身まだまだ知識不足のため、

もうちょっとデータが蓄積されましたら、

さらなる詳細を書かせていただきたいと思います苦笑

トレシズの「証券会社の選び方」の記事

前々記事:口座を3つに分ける
前の記事:SBIが「OCO注文」「IFD注文」「IFDOCO注文」対応?
今の記事:LINE証券はどうなのか?
次の記事:証券会社について語る(ぇ
次々記事:個人的な証券口座開設予定(ぇ

おすすめ記事

トレード初心者が手間取りやすい箇所

今日は、「システムトレードというよりも、トレード初心者が手間取りやすい箇所」に…

カブドットコムの便利さとは?

だいぶてこずりましたが、今日のお昼頃ようやく逆指値検証用の注文をしてみました笑…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る