システムトレードブログ

相場が弱い時の考え方や戦い方

トレシズシストレの考え方
下落相場

たとえばですが、

特にシステムトレード初心者の方の場合、

今のような弱い相場では

・上昇トレンド時に比べて、テンションが下がっている
・どこまで落ちるのか不安

といった感情が発生している場合もあるかもしれません汗

このあたり、

私自身は結構違う考え方でして、

今日はあくまで個人的な、

「相場が弱い時の考え方や戦い方」

について書かせていただきたいと思います。

相場が弱い時の考え方

ポジティブ

あくまで個人的にですが、

相場が弱い時は、

・売りで取る大チャンス
・逆張り買いで大きい期待値発生箇所が生まれるチャンス

と思ってしまう感じです苦笑

といいますのも、

シストレでプラスにもっていくためには、

やはりボラが必要なためですね~。

逆に、ヨコヨコのボラがない相場の場合、



個人的にはテンションが下がります苦笑(コラ

相場が弱い時の戦い方

how?

上記の通り、

・売り戦略
・逆張り買い戦略

の2つがメインとなります。

順張り買いは、

相場のリバウンドを確認してから入るような、

シグナル発生タイミングが若干遅めの戦略でも十分、

と考えているほどですね~。

相場が弱い時の売り戦略の戦い方

買いと売り

まず売りですが、

もちろん「市場の下落時期を狙うタイプの売り戦略」という前提ですと、

今の相場で勝てない売りは、



基本的にはカスタマイズ対象となります汗

売りを使うかどうかは趣向次第とはなるものの、

特に順張り好きの方には、

売りをおすすめしたいところがありますね~。

相場が弱い時の買い戦略の戦い方

慎重に

一方買いの方はといいますと、

「まずは慎重に」

というスタイルがおすすめだったりしますね。

といいますのも、



買いで最も食らう可能性が高い時期のためです苦笑

とはいえ、

うまくこのボラを利用すれば時に爆益となることも珍しくありませんので、

私自身は、

最初は一気に資金を突っ込まずに少しの戦略で動きを確認していき、

・上手くリバウンドをとらえているようなら資金を追加することを考える
・タイミングが悪いようならカスタマイズバージョンをいくつか作成し、フォワードを見ていく

といった流れを採用する場合が多いです。

以下、関連記事です。

個人的なシストレの各相場状況におけるポジション量の理想

今日は、「個人的なシストレの相場状況におけるポジション量の理想」について書かせていただきたいと思います。3種類の時期個人的なスタイルとしましては、「待…

運用方法
こんな記事も読まれています。

どんな戦略に「待つも相場」を導入するか?

個人的によく使う手法である「待つも相場」ですが、これを導入する戦略もあれば、導入しない戦略もあります。以下、「個人的に、どういう戦略に待つも相場を導…

シストレの開発・カスタマイズ
トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:株シストレにおけるキャッシュフロー的な考え方
前の記事:自動売買ではないメリット
今の記事:相場が弱い時の考え方や戦い方
次の記事:系統が異なる戦略群を、別々に考える
次々記事:ある程度の期間に渡って勝てない場合には、今までと全く異なる手法に切り替えるのも手?

おすすめ記事

指数の意味

たとえばですが、・日経平均株価・TOPIX・マザーズ指数・ジャスダックインデックスな…

最適分散投資ファイルは、フィルター条件をのぞいては極力シンプルに

あくまで個人的な考えですと、「最適分散投資ファイルの優先順にはこだわる必要がな…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る