システムトレードブログ

自動売買ではないメリット

トレシズシストレの考え方
自動売買ではないメリット

イザナミを使う場合には、

基本的には自動売買ではなく、

手動売買となってきます。

もちろん、

ワンクリック一括発注支援ツールを使うことにより発注の手間そのものは削減でき、

また自作ツールを使えば必ずしも自動売買にできないこともないですが汗

今日はあえて(?)、

「自動売買ではないメリット」

について書かせていただきたいと思います。

時間効率を追求した手法ではないため、じっくりと検証する時間を確保できる

まずは勝てる手法を構築することが大事

私自身いくつかの分野で自動売買を試したことはあり、

またトレード日記側のToresyz Hyperも軽い自動売買ではあるのですが(結構自力も入っていますが苦笑)、

回転率が高い売買ほど、



訳が分からなくなります苦笑

日足で一日一回転といったシステムならまだしも、

分足でスキャで数回転させるといったシステムの場合、

私の経験だとシステムの動きを信じることができず、

継続が困難になる場合が多かったですね~汗

イザナミにおける日足の一日一回転のトレードは、

「各トレード結果を、じっくりと検証する時間を確保できる」

という点が結構なメリットだと思っております。

時間効率を追求するよりも、まずは勝てる手法を構築することが大事

まずは勝てる手法を構築することが大事

たとえば極論で、

絶対勝てない手法で回転率を上げていきますと、



ものすごく負けるのは明確ですよね苦笑

かといって、

絶対勝てるといいますか、

この手法なら勝てると実感できる手法を構築するまでには、



やはり結構時間がかかります汗

誰でも序盤は模索していく流れになる場合が多いとは思いますので、

この模索している段階ではむしろ時間効率を落とし、

じっくりと研究していくのがいいのではないか?


と思っていたりしますね~。

トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:約定率をどう考えるか?
前の記事:株シストレにおけるキャッシュフロー的な考え方
今の記事:自動売買ではないメリット
次の記事:相場が弱い時の考え方や戦い方
次々記事:系統が異なる戦略群を、別々に考える

おすすめ記事

自分の感覚と、戦略を合わせていく

自分の得意形を探す、というのは結構大事だと思っていたりしますね〜。得意形といい…

下落トレンドにおける考え方

現在はマザーズ指数が直近安値を割り込むような形となっており、明確な下落トレンド…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る