システムトレードブログ

どの程度の期待値があれば、ポートフォリオに組み入れるか?

トレシズポートフォリオ
どの程度の期待値があれば、ポートフォリオに組み入れるか?

システムトレードのポートフォリオにおきまして、

「どの程度の期待値があれば、ポートフォリオに組み入れるか?」

という点は、

なかなか悩ましいところだと思います。

個人的には、

勝率よりも期待値重視派なので、

1トレードあたりの期待値は無視できません苦笑

今日はこのあたりについて書かせていただきたいと思います。

まず前提として、「シグナルを絶対に出さない日」というものがあります。

シグナルを絶対に出さない日

これは個人的なスタイルというだけではあるのですが、

・絶対にシグナルを出さない日
・もしくは、絶対に当日引けでポジションを手仕舞いする日

というものを設けています。

これはもちろん裁量ではなく、

日経やTOPIX、個別銘柄等のテクニカル的なお話ですね。

翌日反発する確率が6割、

超暴落する確率が1割という感じだったら持ち越さない、

こういったイメージです苦笑

それ以外のノーポジの日をどう考えるか?

それ以外のノーポジの日をどう考えるか?

やはりといいますか、

「資金効率」

を考えますと、

上記シグナルを絶対に出さない日をのぞきましては、

ノーポジは避けたいところです。

そのため、

ポートフォリオの日次損益などで、

ポジションがない凪の時期が多い場合には、

その時期にシグナルが出るような戦略を追加するわけですね~。

追加する戦略の、期待値の高さは?

追加する戦略の、期待値の高さは?

いわゆる「凪」の時期用として追加する戦略の期待値は、

最近の個人的なスタイルですと、

「0.5%以上」

が基準となっているかもしれません。

以前よりは若干上げました苦笑

最近はどちらかといいますと、

・全戦略の1トレードあたりの期待値を0.5%以上に上げる
・その上で、凪の時期のシグナル数は、戦略数を増やすことで対応する

といったスタイルになってきています。

ただし、もっと期待値が取れる時期は、0.5%程度の戦略は動かさない

たとえば市場暴落時期などは、

1トレードあたりの期待値が2%を超えてくることも結構ザラですし、

こういった時期に期待値0.5%の戦略を動かすのは損です苦笑

そのため、

期待値が小さい戦略はあくまで

「資金効率向上用」

という位置付けで、

シグナルが十分な時はシグナルを出さないような仕組みの構築が吉、

と思っていたりしますね~。

以下、関連記事です。

個人用戦略の採用基準

今日は、あくまで私自身の定義となりますが、「個人用戦略の採用基準」について書かせていただきます。どういった基準で採用しているか?個人用戦略の採用基準…

シストレの開発・カスタマイズ
こんな記事も読まれています。

個人戦略と販売戦略の違い

あくまで私の場合というだけですが、個人戦略と販売戦略の場合、最も違うのは、…「バックテスト回数」かもしれません苦笑(ぇ個人戦略の場合・バックテスト回数…

シストレコラム
トレシズの「ポートフォリオ」の記事

前々記事:シストレ戦略のカテゴリー分けについて語ってみます。
前の記事:どのようにポートフォリオを埋めるか?
今の記事:どの程度の期待値があれば、ポートフォリオに組み入れるか?
次の記事:複数の戦略で、なるべく同時に食らわないようにする
次々記事:個人的な投資対象

おすすめ記事

保有ポジション量を自分に合わせるのが大事だと考えます。

損切りを置いているかどうかにもよるとは思うのですが、基本的にはポートフォリオの…

下値を狙う戦略と上値を狙う戦略

個人的にポートフォリオを組む際に大事にしている点としまして、「その戦略は、下値…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る