システムトレードブログ

指数の意味

トレシズシストレの考え方
日本経済

たとえばですが、

・日経平均株価
・TOPIX
・マザーズ指数
・ジャスダックインデックス

などで、

「算出の際に、株価の大きさが関わってくる」
「または、時価総額が関わってくる」

という点があります。

このあたりが寄与度に影響するわけですが、

「これは結構いびつな構成なのではないか?」

と思っていたりするわけですね~(ぇ

日経平均株価

たとえば、

日経平均株価は要するに225銘柄の株価の平均なので、

値嵩株の動きが値に大きく影響します。

…ある意味、ファーストリテイリング指数かもしれません汗(コラ

そのため、

株価が小さい銘柄の動きは、

…比較的無視されます。

かといって、

シストレで最低単元価格が100万を超える銘柄を相手にするか?

という観点ですと、

組み方にもよるのですが、

あまり相手にしない場合が多いのではないか?

と思うわけですね苦笑

そのため、

「日経平均の動きとシストレ戦略の動きが一致しないのは、ある意味必然」

と考えるのが無難ではないか?

と思っていたりします。

日経平均株価以外

TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックインデックス等、

時価総額メインで計算される場合ですと、

「時価総額の大きさ」

という観点で計算されるのがいびつだと考えております(ぇ

「時価総額の小さい銘柄は寄与度にほぼ影響がないため、マザーズ指数とも連動しない可能性が出てくる」

という点がいびつだと考えますね。

…最も寄与度が小さい銘柄の場合、寄与度が0.04%などです…苦笑

そこでどうすればいいか?

オリジナル

これは単に個人的な考えというだけですが、

「自分が売買対象とする銘柄群の、指数を作ってしまえばいいのではないか?」

というアイデアです笑

もちろん、

売買代金が大きい銘柄相手の場合には、TOPIX等が有効と思います。

もしそうでないのであれば、

たとえばですが、

(1)まずは売買対象銘柄の株価を一律に揃える(1000円で揃える場合、株価50円の場合には20倍にする)
(2)その上で、前日比等を算出する
(3)最後に、その値の平均を取る

といった手法により、

「時価総額を無視した、その戦略の主戦場とする銘柄群の動きの平均」

を取ることができます。

あくまで個人的な考えですと、

シストレ的には、

こういった指数の方が有効なのではないか?

と思っているところがありますね苦笑

指数の意味のまとめ

以上のような観点から、

たとえ日経平均が上がりすぎているからといって、

それはシストレとは無関係とまでは言わなくても、

別次元のお話、

という点はあるかもしれません。

ただもちろん、

上記オリジナル指標で高値圏を示した際は、

…やはり注意が必要ですね苦笑

なお、個人的なオリジナル指標では、まだ高値圏ではありません(ぇ
とはいえこのあたりはポートフォリオの組み方によって異なるため、個別に検証が必要だと考えます汗

以下、関連記事です。

日経平均が高値を更新する中、成績がついてこない場合には?

日経平均が高値を更新する中、成績がついてこない場合には?「日経平均が高値を更新し盛り上がっているのに、成績がついてこない」とお悩みの方もいらっしゃる…

ストラテジーの選び方
こんな記事も読まれています。

シストレで焦燥感を感じる時

「日経平均は上がっているのに、成績が伴わない」「ちょっと日経平均が上がりすぎているので、シストレ開始にためらいがある」こういった感じでヤキモキする場…

シストレの考え方
トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:どの程度のリスクを取るか?
前の記事:相場はどこまで上がるのか?
今の記事:指数の意味
次の記事:月毎勝率とトレード毎勝率のどちらを重視するか?
次々記事:資金100万ファイルと500万ファイルの違い

おすすめ記事

やはり直近の期待値重視?

私自身が重視しますのは、最適分散投資後の結果ではなく、バックテスト段階の結果だ…

保有日数と期待値の関連性(1)

これは逆指値について語るシリーズとどちらに書かせていただこうか迷ったのですが、…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る