システムトレードブログ

個人的な、月複利の運用方法

トレシズ運用方法
個人的な、月複利の運用方法

最適分散投資ファイルにおきまして、

「複利運用」

を選択しますと、

利益の出た翌日にその分も投入するといった、

いわば

「日複利」

となってきます。

複利運用の設定

この設定ですね。

これはこれで1つの手法と考えますが、

個人的には実際には、

「月複利」

を採用する場合が多いですね~。

※なお、月複利という単語が存在するのかどうかはよく分からず、
ある意味個人的に使っている造語です苦笑

月複利とは?

月複利とは?

月複利は、

「2週間~1か月は単利で運用し、もし利益が出たら利益分を再投資する」

といった感じの手法ですね。

実際、

・その戦略が機能するかどうか?
・また、地合的に合っている地合かどうか?

など不確定要素は多く、

また、

「戦略の実力を見極めてから投入額を増やしたい」

といった事例も多いので、

そういった際には月複利が有効、

と考えております。

月複利の運用方法(※完全に自己流です苦笑)

月複利の運用方法
(1)

まず、過去最大DD25%の戦略の場合、

日々の投入額を大体300万ぐらいにしたいなという場合には、

最終運用資金が375万ぐらいになる開始日に設定します。

※これは、以下の過去記事の通りです。

> イザナミにおける単月単利検証と、検証開始日の設定テクニック

爆億【回】_設定1
爆億【回】_設定2
爆億【回】_設定3

なお、画像は爆億【回】の300万ファイルです。

爆億の中でも、爆億【回】が一番好調ですね笑(コラ

(2)

単利で運用します。

爆億【回】_設定4

ここの設定ですね。

(3)

1か月ぐらい運用して、その結果次第で判断します。

プラスの場合 →プラス分の5割~10割ぐらいを総資金に足す
※この際に、利益の何割かの原資抜きをするのも手だと思っています。
±0、もしくはマイナスの場合 →何もしない

(4)

たとえば、利益が30万出た場合に、

プラス分の10割を再投資する際には、

総資金を330万にした上で、

最終運用資金が405万(375万+30万)ぐらいになる開始日に設定します。

あとはこれの繰り返しですね。

ここからもし過去最大DDの25%を食らったとしても、

405万×(1-0.25)=303.75万

300万より増えるため、

ある意味トレーリングストップのような効果もあります。

あとは、

総資金が増えた際に1銘柄投入額も増やしたいため、

「1銘柄投入額は%で指定した方がベター」

と考えております。

なお、

個人的なコア戦略群である、

スイングキュル3LU
ゴッドブレス2
・ゴッドファンダ系(特にゴッドファンダ【鏡】ゴッドファンダ【止】

は、完全にこの月複利で運用しています。

単利よりもだいぶいいと思っております汗

トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:システムトレードでは、とにかく「継続」が大事だと考えております。
前の記事:イザナミにおける単月単利検証と、検証開始日の設定テクニック
今の記事:個人的な、月複利の運用方法
次の記事:個人的な爆億改の運用方法
次々記事:個人的な爆億改の運用方法(2)

おすすめ記事

資金50万からのチャレンジ(5)

「含み損が大きくなりすぎて投げたくなる」「あるいは、含み益が大きくなりすぎて手…

続・お正月はポジションを持ち越すべきかどうか?

毎年書いている記事ですが笑「お正月はポジションを持ち越すべきかどうか?」という…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る