システムトレードブログ

市場によってロジックは変えるべきか?

トレシズシストレの考え方
市場によってロジックは変えるべきか?

今日は、

「市場によってロジックは変えるべきか?」

というテーマで書かせていただきたいと思います。

東証プライム・スタンダード・グロース各市場の差

まず、

「イザナミの基本設定+翌日寄成の仕掛け(買い)+翌日寄成の手仕舞い」

という条件で検証してみます。

市場_プライム

こちらはまずプライムですね。

平均損失や損失の標準偏差ともに小さく、

安定した動きをする場合が多いと考えられます。

市場_スタンダード

次にこちらはスタンダードです。

平均損失や損失の標準偏差がプライムと比べると大きくなり、

だいぶ荒くなることが分かります。

市場_グロース

最後にグロースですね~。

やはりといいますか、



最も荒いのは間違いありません汗

平均利益が大きいのは魅力ですが苦笑

まとめ:市場によってロジックは変えるべきか?

まとめ:市場によってロジックは変えるべきか?

上記のように、

各市場によってボラが異なる点から、

最近の個人的な考えですと、

「全部とは言わないまでも、市場ごとにロジックを変えるのは全然あり」

と思っていたりしますね~。

実際、

各市場の動き方のクセなどもありますし、

仕掛け方法なども変わってくると考えます。

そのため、

ボラに応じてロジックを組むというのはむしろ適切なアプローチ、

として考えていたりします汗

トレシズの「シストレの考え方」の記事

前々記事:「期待値を積み上げる」という考え方
前の記事:シストレ上級者ほど、資金効率を重視する?
今の記事:市場によってロジックは変えるべきか?
次の記事:システムトレードの深い点
次々記事:地合が悪い時期は、シグナル数を絞り込むべきと考えます。

おすすめ記事

売りを軽くためしてみて、自分に合っているかどうかを判断する

「株は空売りができる」という点は、非常に大きなメリットだと思っていたりしますね…

カーブフィッティングかどうか?

「カーブフィッティングかどうか?」というテーマは、シストレとは切っても切り離せ…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る