システムトレードブログ

短期株システムトレードのメリットとデメリット

トレシズ株システムトレードについて
短期株システムトレードのメリットとデメリット

あくまで個人的なスタイルですと、

「株システムトレードは短期がメイン」

というスタイルです。

投資対象にはいろいろありますが、

シストレは短期主体とすることにより

ポートフォリオ全体のリスクヘッジを行っている、


こういったイメージかもしれませんね。

今日は個人的に考える、

「短期株システムトレードのメリットとデメリット」

について書かせていただきたいと思います。

短期株システムトレードのメリット

短期株システムトレードのメリット

(1)短期保有のため、一般的には長期保有ほどはDDが大きくなりにくい

最大DDの大きさはやはり、

「保有期間に比例する」

と考えております。

このあたりはもちろん戦略の調子等にもよりますが、

個人的な経験上ですと、

長期投資よりは短期投資の方が、

DDがだいぶ小さい場合が大半です。

…一部、例外的な地合もありますが苦笑

(2)実現損益が早い段階で確定しやすい

含み益はあくまで含みであって、

確定した損益ではない一方、

シストレの場合ですと、

たとえば買いでストップ高などを引いた場合には、



大半が確定した利益ですね笑

「含み益ではなく、実現損益として利益が確定する」

というのは、

メンタル的にもプラス要素が多いのではないか?

と考えます。

(3)資金移動がしやすい

これが実は、

…かなり大きい部分かもしれません(ぇ

たとえば長期投資の場合、

そうそうは資金移動はできません苦笑

…含み損ならなおさらですね汗

短期トレードは資金拘束期間が短いため、

「いざという時に資金移動がしやすい」

という点がかなりのメリットだと考えます。

このあたりが、

個人的に短期トレードと長期トレードの両方を行う理由かもしれませんね~。

短期株システムトレードのデメリット

短期株システムトレードのデメリット

(1)長期保有より手間が増える

売買回数が増えますので、

当然長期よりは手間が増えます苦笑

個人的には短期トレードが趣味といいますか、

結構楽しんでやっている感じなので苦ではないですが、

実際手間はかかりますね。

なるべくですが、

「日々の手間を削減する工夫」

を導入していくといいのではないか?と考えます。

(2)手数料負担が多くなる

これも売買回数が増える影響ですね~。

1トレードあたりの期待値から手数料分が削られ、

結果的に期待値が落ちることになりますので、

1トレードあたりの期待値の大きさもある程度は重視したいところです。

(3)結果が地合と連動しないことも多々ある

これもまた、

…シストレあるあるかもしれません苦笑

実際、

私自身の実運用でも、



いつ調子が良くなるか分からない戦略、

というものがあったりしますが汗

そのためですが、

あくまで地合との連動は長期投資の方に任せ、

「短期トレードでは独立した結果で良く、こちらもまたある程度の長期の結果で見る」

という考え方が主体です。

以下、関連記事です。

株システムトレードと長期投資で同時に食らう地合

買いの短期トレードでは下がったら負け、そういったニュアンスのB・N・F氏のお言葉があったと思いますが、個人的にもまさに、だと思っている感じです苦笑ただ、…

ポートフォリオ
こんな記事も読まれています。

トレードの時間軸を決める

「トレードの時間軸を決める」という点も、システムトレードにおける重要な要素の1つ、と思っていたりしますね~。性格的に合わない手法は継続に耐えない?とい…

シストレの開発・カスタマイズ
トレシズの「株システムトレードについて」の記事

前々記事:株の先人の方たちから学ぶ
前の記事:150万ファイルと500万ファイルの違い
今の記事:短期株システムトレードのメリットとデメリット

おすすめ記事

ハイブレイク 2016/10/11の成績

【ハイブレイク】https://www.torezista.com/strategy/detail/344/※下記の結果は期間…

ハイブレイク 2016/9/1の成績

【ハイブレイク】https://www.torezista.com/strategy/detail/344/ハイブレイクは運…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る