システムトレードブログ

1戦略でベストなタイミングを当てるのは難しい?

トレシズポートフォリオ
システムトレードの疑問

シストレでは特にかもしれませんが、

「1戦略でベストなタイミングを当てる」

というのは結構難しいかもしれません。

これはもちろん、

裁量も同じだとは思いますが苦笑

あくまで個人的なスタイルというだけなのですが、

「株はできるだけ安く買った方が勝ちやすくなる」

という観点では、

・順張り買いは最初の仕掛けが重要
(上がる想定で買っているため、仕掛けた瞬間が最も安値であるという観点からですね。)
・逆張り買いは最初の仕掛けはそこまで重要ではない
(底がどこかは完全にはつかめないため、複数回の仕掛けでタイミングを調整する)

といった感じの考え方をしています。

個人的な、順張り買いに対する考え方

順張り買いの場合ですと、



比較的早い段階で上がらなかったら、

それは負けトレード、

とみなす考え方をとる場合が多いかもしれません苦笑

そのため勝率が低くなるのが必然という考え方ですが、

ただ逆に、

すぐに上がった場合には結構な勝率となる場合が多いので、

・最初の仕掛けは大きめのロット
・次回以降の仕掛けは含み益の銘柄が主体で、ロットは最初の半分程度

といった感じのバランスになるようにポートフォリオを組んでいる感じですね~。

個人的な、逆張り買いに対する考え方

逆張り買いの場合、

やはりどうしても、

「完璧な底値は分からない」

という点があると思っております苦笑

その日の安値が底値かと思ったら、

実はその次の日の安値が底値だったというのもよくある話で、

大きくずれてはいないものの、

若干ずれている、

こんな動きをする場合も結構多いですね汗

こういった「タイミングのずれ」というものがありますので、

私自身のスタイルとしましては、

「日をまたいで複数戦略で複数回同一銘柄に仕掛け、タイミングのずれを補う」

という手法を採用する場合が多いです。

以下、関連記事です。

シストレで私自身が一番の根拠としている要素とは?

私自身はあまり、「確率の収束」という表現は使いません。この理由は非常にシンプルで、「シストレは完全確率ではないから」というお話です苦笑また他の理由も…

シストレの考え方
こんな記事も読まれています。

複数の戦略で、仕掛けタイミングのズレをカバーする

「イマイチ、戦略の仕掛けタイミングが合わない」という場合には、「複数の戦略で、仕掛けタイミングのズレをカバーする」という考え方がおすすめだったりしま…

ポートフォリオ
トレシズの「ポートフォリオ」の記事

前々記事:ポジションがない時期をどう埋めるか?
前の記事:東証一部銘柄狙いが主軸のポートフォリオ構成もあり?
今の記事:1戦略でベストなタイミングを当てるのは難しい?

おすすめ記事

日替わりで使う戦略を変えるのはあり?

今日は悪くない地合でしたが、ただ日経そのものは安寄りだったため、先日からの買い…

戦略単体よりもポートフォリオ構成が大事?

シストレでは基本、「戦略単体よりもポートフォリオ構成が大事」と考えていたりしま…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る