システムトレードブログ

1銘柄投入額が10万以下だとシグナル効率が落ちる?

トレシズ運用方法
1銘柄投入額が10万以下だとシグナル効率が落ちる?

1銘柄投入額が10万以下など小さい場合、

「思った以上にシグナル銘柄が減ってしまい、効率が悪い」

という点に悩まれる場合もあるかもしれません。

1銘柄投入額10万の売買可能銘柄数

実際、現在の上場会社数3781銘柄に対しまして、

たとえば、

・最低購入価格が100000より小さい

という条件を入れて検証しますと、

1364銘柄となります。

約36.1%ですね。

実際のシグナルは、

ここに売買代金制限や出来高制限等が加わるため、

…さらに減ります苦笑

1銘柄投入額10万~30万の売買可能銘柄数

なお、20万や30万では以下のようになります。

10万 1364銘柄(36.1%)
20万 2476銘柄(65.4%)
30万 3048銘柄(80.6%)

20万と30万の差よりも、

10万と20万の差が大きいわけですね~。

実際、

私自身の運用経験上でも、

1銘柄投入額が20万を超えてきますと、

シグナル銘柄に困ることはあまりない感じですね。

IPOなどでも同様で、

10万ですと狙える銘柄がだいぶ減りますが、

30万あると80%はカバーできる、

こういった感じです。

とはいえ、

総資金が100万以下などの際に、

1銘柄に20万も投入するのは、

…やはりなかなかリスキーです苦笑

1銘柄投入額10万で効率を上げるには?

1銘柄投入額10万で効率を上げるには?

1つの対策としましては、

「1銘柄投入額が10万以下の場合には、売買代金制限や出来高制限を緩くする」

という手法により、

シグナル銘柄数を増やすことが可能です。

実際、

売買代金が2000万と小さい銘柄だったとしても、

1銘柄投入額が10万であれば0.5%なので、

十分売買対象に成り得ると思いますね~。

あとはやはり、

すぐにどうこうというのは難しいものの、

「将来的にシストレ資金を増やして、1銘柄に20万以上インできるように持っていく」

というのが根本的な解決策かもしれません汗

以下、関連記事です。

低資金ファイルについて

たとえばですが、最適分散投資ファイルの、50万ファイルと500万ファイルではどちらか開発難易度が高いかといいますと、……圧倒的に50万ファイルの方が難易度が高…

シストレの考え方
こんな記事も読まれています。

低資金で、いかに成績を安定させるか?

あくまで個人的な考えですと、「直近3ヶ月の成績よりは、フォワードの通年成績を見た方がいい」という感じかもしれません苦笑もちろんシストレでは、バックテス…

ストラテジーの選び方
トレシズの「運用方法」の記事

前々記事:シストレと長期投資の比率
前の記事:シストレ運用における個人的な環境
今の記事:1銘柄投入額が10万以下だとシグナル効率が落ちる?
次の記事:レバレッジは、1銘柄投入額を抑えれば結構使える?
次々記事:約定率が高いレバレッジ2倍戦略のリスクを抑える方法

おすすめ記事

エクスポージャーを考える

エクスポージャーとは、金融資産のうち価格変動リスクにさらされている資産の割合の…

総資金が200万の場合の1銘柄投入額

たとえば総資金が200万だと仮定しますと、私自身の好みですと、1銘柄投入額は大体2〜…

> このページのURLをPCメールアドレスに送る